• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Leitz Phone 1では撮れてAQUOS R6で撮れない写真とは?ライカ版カメラ深堀りレビュー - Engadget 日本版

https://japanese.engadget.com/leitz-phone-1-camera-review-025043264.html


Engadget 日本版に、「Leitz Phone 1」と「AQUOS R6」のカメラ機能の比較が掲載されています。


  • 「Leitz Phone 1」のベースモデルはシャープ「AQUOS R6」
  • 1インチセンサーやズミクロンレンズといったハードウェアは「AQUOS R6」と共通。
  • 基本的なカメラ性能は「AQUOS R6」に準拠。
  • 「Leitz Phone 1」にあって「AQUOS R6」にはない機能は主に2つ。

専用モノクロームモード「Leitz Looks」

  • 「AQUOS R6」はマニュアルモードで色合いを0にすることでモノクロ撮影が撮影可能。
  • 「Leitz Phone 1」ではライカ独自の専用モノクロモード「Leitz Looks」を搭載。
  • 「Leitz Looks」では「AQUOS R6」よりもわずかに硬調(ハイコントラスト)寄りであり、よりインパクトのある印象的な写り。
  • 明暗差がはっきりとしているシーンではシャドーがしっとりと沈んでおり、全体的に引き締まったモノクロ写真に仕上がる。
  • 外の空が白飛びせずに雲の質感が残っているのはさすが1インチセンサー。

デジタルズームがブライトフレーム式

  • 一般的なカメラはズームするとディスプレイ上に撮影範囲そのものが写される。
  • 「Leitz Phone 1」ではブライトフレームが表示される。常に周辺の情報を意識した撮影が可能。
  • 「Leitz Phone 1」「AQUOS R6」共にデフォルトでデジタルズームされた画角。
  • 「Leitz Phone 1」はブライトフレームによってカメラアプリを起動してすぐに全体の画角が確認できるのでアイデアの幅が広がる。

  • 他にもシャッター音がM型ライカのようなスッキリとした音になっている。
  • ライカフォントを採用しUIがわずかに異なる、といった違いがある。

とのこと



ミヤビックス LEITZ PHONE 1 リアカメラ/レンズキャップ用フィルム セット PET製フィルム 強化ガラス同等の硬度 高硬度9H素材採用 日本製 光沢 リアカメラ部 液晶保護フィルム OverLay Brilliant 9H O9HBLEITZPHONE1CAMERA/S/12



ライカ初の自社スマホ「LEITZ PHONE 1」、「AQUOS R6」にはないモノクロモードがあるようですね。とはいっても、R6のマニュアルモード設定とそこまでの差は無さそうに見えるとの撮影後の画像処理で対応できるレベルのようなので、ブライトフレームの方が気になるかもですね。これは気分がアガりそうです。でもライカが18万でシャープが11万というのを考えると何ともな感じはしますね。でも、やっぱり「Leitz Phone 1」のデザインはカッコよいんですよね。ライカロゴも魅力ですしね。なお、元記事にありますがシャッターラグがかなりあるようですね。ここは是非とも改善して欲しいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+