• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Fujifilm Manager: X100V/X-T3 Firmware, Fujifilm X-H2 will Come, Zero Monochrome Chances, 32 Megapixel Limit for Current XF Lenses & More - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/fujifilm-manager-x100v-x-t3-firmware-fujifilm-x-h2-will-come-zero-monochrome-chances-32-megapixel-limit-for-current-xf-lenses-more/

富士フイルムX-Hシリーズは終わっていないと富士フイルムのマネージャーがコメントした模様。また、Xシリーズ10周年記念にモノクロ専用機登場の可能性も示唆。

Fuji Rumorsに、富士フイルムUKマネージャーのポッドキャストでのコメントが掲載されています。


  • 富士フイルムUKマネージャーのAndreas Georghiades氏が再びFujicastに参加した。 36分間のポッドキャストだ。

富士フイルムGFX

  • GFX50SとGFX50Rの価格がスタート時よりも安くなっている。
  • 富士フイルムGFX50Rは価格勝負モデル
  • 3年前の中判と比較すると、中判は非常に安い。
  • GFX100センサーには位相検出ピクセルが組み込まれているため、オートフォーカスが高速だ。
  • 現在、位相検出検出ピクセルを備えた5000万画素、6000万画素、7000万画素の中判センサーは存在しない

X-T4

  • 英国ではX-T4のボディのみ4月28日に発売される。
  • X-T4キット5月末。工場は3月中旬からフル稼働に戻っている。

X100V

  • X100Vの加熱管理を改善するためのファームウェアのアップデートがあるかと聞かれたとき、将来のファームウェアについて分かりづらいといった。
  • 富士フイルムは継続使用時のオーバーヒートのお知らせを発表した。
  • その場合、わずかな温度上昇が起こる可能性がある
  • X100Vはチルトスクリーンがあり、場所を取り、回路を移動しなければならなかった。
  • X100Vは実際にはX100Fと同じ発熱量だが、放熱量が違う。
  • X100Vファームウェアのアップデートがあり、熱制限に達したときにハイライトする警告が表示されるが、温度の使用状況は表示されない。

富士フイルムX-H2

  • 富士フイルムのX-Hシリーズは終わっていない。
  • 市場では、より大きなカメラや耐久性を求めるニーズがある。
  • すべてに対応するカメラは一つではない。
  • ニーズに応じてさまざまなカメラがありますが、画質は同じだ
  • 決め手はカメラに何を求めるかだ。小さくするか?スタイリッシュか?等。
  • X-Hシリーズにはスペースがある。

新しいF1.2またはF1.4単焦点+古い単焦点の更新?

  • フォーカス速度の制限要因は必ずしもレンズとは限らない。
  • センサーの解像度が上がり続けて、将来のカメラで使うとしたら、もっと新しいF1.2とF1.4レンズの必要性を感じるだろう。
  • 現在のレンズは約3200万画素の解像度に対応している。
  • もし将来のフジのセンサーがもっと高画素化するなら、新しいレンズが必要になるだろう [噂では4300万画素と聞いている]
  • 18mmのアップデートのチャンスはあるかと聞かれたとき、「常にチャンスはある」と答えている。しかし、希望は人それぞれです。
  • マネージャーは、最新のXF23mm F1.4とXF56mm F1.2で、耐候性と高速AFを備えたもの希望している。
  • マネージャーは次のように疑問を持っている。古いレンズのアップデートを始めると、他の古いレンズの売り上げがなくなるのではないか?
  • 誰もがアップデートを期待しているように、富士がロードマップでXF35 F1.4のアップデートを発表した場合、旧35 F1.4の売り上げは底をつくのか?
  • 将来の情報に対するニーズのバランスを取る必要がある

富士フイルムXシリーズ10周年記念にモノクロカメラ?

  • 富士フイルムが富士フイルムXシリーズ10周年記念にモノクロカメラを作る可能性はゼロではない

X-T3ファームウェアアップデート

  • どんなファームウェアのアップデートが来るかわからない
  • しかし、我々 は間違いなく富士フイルムX-T3 のための新しいファームウェアの更新を期待することができる。
  • どの機能といつかは、彼は言うことはできない。

とのこと



FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-H1ブラック X-H1



先日も富士フイルムの統括マネージャー上野氏がX-Hシリーズの継続を考えているとコメントしていましたが、こちらでも同じ話になっていますね。富士フイルム側からここまでコメントが出ているので、X-H2には期待できそうな感じはしますよね。でも、以前ソニーがAマウント続けると言いつつも、それ以降何も発表していない現状もありますけどね。あと、モノクロ専用機は以前も噂に上がっていましたよね。X-ProかX100がベースになるという話でしたが、これ期待できるんですかね。あと、気になるのは現在発売されているXFレンズは3200万画素までしか対応していないんですかね。まあ、対応しれなくても写真が撮れない訳ではないわけなので、もしも高画素機が登場したら順次リニューアルしていく感じですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

TAMRON タムロン タムロンのフルサイズEマウント用「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」(Model A063)、「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD」(Model A058)とXマウント用「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」(Model B061)が予約殺到で生産が追いつかない模様。
タムロンの富士フイルムXマウント用のAPS-Cレンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」(Model B061) タムロンが富士フイルムXマウント用レンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」(Model B061)を正式発表。
シグマのXマウントレンズ シグマが富士フイルムXマウント用レンズを今年中に発表する!?
富士フイルムX-H2 富士フイルム「X-H2」は4000万画素でも高感度性能は心配する必要は無い!?動画スペックは驚くべきものになる!?
富士フイルム「GF30mmF4.5」と「GF30mmF4」の特許 富士フイルム「GF30mmF4.5」と「GF30mmF4」の特許
富士フイルムX-H2 富士フイルム「X-H2」は、4000万画素の積層型裏面照射センサーを搭載する!?
富士フイルムのデジカメ「F210005」がBluetooth認証を通過。X-T30 II?もしくは別のカメラ? 富士フイルムのデジカメ「F210005」がBluetooth認証を通過。X-T30 II?もしくは別のカメラ?
富士フイルム「X-T3 WW」 富士フイルムが「X-T3 WW」を海外で発表した模様。
富士フイルムX-H2 富士フイルムがXシリーズの次期フラッグシップ機に積層型センサーを搭載すると明言。登場は2022年の見込みの模様。
X-T30 II 富士フイルムが「X-T30 II」「XF23mmF1.4 R LM WR」「XF33mmF1.4 R LM WR」を正式発表。XFレンズのロードマップも更新。
GFX50S II 富士フイルムが「GFX50S II」「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」を正式発表。GFレンズのロードマップも更新。
富士フイルムX-H2 富士フイルム「X-H2」は、2つのバージョンが登場する!?

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+