• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

It’s been a while, but an APS-C equipped EOS R body gets another mention [CR2] | Canon Rumors

https://www.canonrumors.com/its-been-a-while-but-an-aps-c-equipped-eos-r-body-gets-another-mention-cr2/

EOS RS

Canon Rumorsに、キヤノンのAPS-CのEOS Rの噂が掲載されています。


  • キヤノンEOS Rが発表されて以来、大きな疑問の1つは、EOS 7D Mark II後継機のAPS-CのEOS Rが登場するかどうか、またはそのセンサーサイズのEOS Mシリーズを残すかどうかだ。
  • 良いソースは、そのようなカメラはキヤノンで活発に開発されているが、2021年までは日の目を見ない可能性が高いことを示している。
  • RFシリーズのレンズは、APS-Cボディよりも優先されるが、小型センサーEOS Rカメラボディ用に開発された「RF-S」レンズは絶対に存在しない。
  • このようなカメラボディは久々に耳にしたものであり、いずれは「エントリーレベル」ではなく、パフォーマンスモデルとして見るようになると思う。

とのこと



Canon ミラーレスカメラ EOS M6 Mark II (ブラック)・EF-M18-150 IS STM レンズEVFキット



前に単なる予想としてキヤノンが2020年後半か2021年にRFマウントのAPS-C機を発表するという話が上がっていましたが、今回はソースからもたらされた情報のようですね。RFマウントAPS-C機の噂は以前より、キヤノンがAPS-C機をテストしているや、RFマウントAPS-C機の開発とテストは続いているなどの噂も上がっていました。ソニーは元々フルサイズ機とAPS-C機をEマウントで出してますし、ニコンもAPS-C機「Z50」だしたので、キヤノンも出してもおかしくないですが、キヤノンにはEOS Mがありますからね。キヤノンの執行役員もEOS RはフルサイズシステムでEOS Mのサイズまで小型化することはできない。EOS MはAPS-Cシステムとしての役割・存在価値を持っている。 というコメントをしてたりしますしね。ただ、EOS Mはあくまで小型にこだわったAPS-C機として、RFマウントのAPS-C機はサイズは気にせず高性能化にこだわったAPS-C、とするなら棲み分けできそうですけどね。7D Mark IIの後継機としてEOS Rの登場に期待したいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+