• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Canon RF Mount APS-C Mirrorless Coming on 2020-2021 [Expectation] « NEW CAMERA

http://thenewcamera.com/canon-rf-mount-aps-c-mirrorless-coming-on-2020-2021-expectation/


NEW CAMERAに、キヤノンのRFマウントAPS-C機の予想が掲載されています。


  • ミラーレスで汎用性を失ったカメラメーカーはキヤノンだけだ。
  • ニコンの新しいAPS-Cミラーレスとフルサイズミラーレスは同じZマウントを共有している。
  • また、ソニーもフルサイズとAPS-Cミレーレスで同じ柔軟性を持っている。

キヤノン APS-C RFマウントカメラ

  • キヤノンは、一眼レフ時代と同じ汎用性を取り戻すことが不可欠になった。
  • 最初は適切な計画がなかったため、孤立したEF-MマウントのEOS Mミラーレスカメラを発表した。
  • しかし、近い将来、APS-Cセンサーベースのミラーレスカメラを発表することで、この問題を確実に解決できるようになるだろう。

EF-Mマウントどうなるのか?

  • EF-Mマウントの開発は続けるが、近い将来、RFマウントAPS-Cミラーレス導入後、更新頻度は少し少なくなる。

RFマウントベースのAPS-Cミラーレスが登場する時期

  • 私たちの予想では、キヤノンはRFマウントミラーレスを2020年後半か2021年に発売だろう。

とのこと



Canon ミラーレスカメラ EOS M6 Mark II (ブラック)・EF-M18-150 IS STM レンズEVFキット



噂でもなく単なる予想記事ですが、ソニーは元々フルサイズ機とAPS-C機をEマウントで出してますし、ニコンも先日ZマウントAPS-C機「Z50」を発表したので、確かに、キヤノンだけがフルサイズとAPS-Cでマウントが別々になってしまってますよね。RFマウントのAPS-C機については、キヤノンがRFマウントのAPS-C機をテストしているや、その後もRFマウントAPS-C機の開発とテストは続いているなどの噂も上がっていましたが、キヤノン執行役員がEOS RはフルサイズシステムでEOS Mのサイズまで小型化することはできない。EOS MはAPS-Cシステムとしての役割・存在価値を持っている。 というコメントをしてるので、なんともな感じもしますよね。実際にキヤノンは今年「EOS M6 Mark II」を正式発表しましたし「EOS M200」も出しました。さらにシグマがEF-M用の明るい単焦点シリーズ出したりして、最近はちょっとEF-Mが熱かったりするんですよね。ただ、いずれRFマウントが浸透していったら、RFマウントのAPS-C機は登場しそうな気はしますよね。サブ機や望遠での高速連写機など色々と需要が出そうですしね。どうなるんですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+