• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

(SR1) Impossible(?) rumors roundup: A7sIII, A6700 and new lenses – sonyalpharumors

https://www.sonyalpharumors.com/sr1-a7siii-a6700-and-new-lenses/

α6700

sonyalpharumorsに、ソニーの新しいカメラの噂が掲載されています。

私が未知の(そしてそれゆえに信頼できない)ソースから受け取った情報。


ソース1:

  • もうα5000シリーズは登場しないだろう。そのラインはかなり前に終わっている。
  • APS-Cでは、ソニーはボディ内手ブレ補正を特徴としたが、価格が上がってしまったので、ボディ内手ブレ補正がいないバージョンをリリースして、α6000のセールスナンバーを再度取得しようと考えている。
  • 新しい(6500を超える)ハイエンド機とそれ以下のモデルは、Zバッテリー、タッチスクリーン、より改善されたグリップとダイヤル、新しいα7ボディに近い新しいボディを得る。
  • ソニーからα5のようなものが登場すると思う。ミッドレンジのボディ、防塵防滴は無く
  • 小型EVF、必要十分なスペック、低価格でフルサイズのα6000になることを目指す。
  • いくつかのα7S IIIプロトタイプがあり、数種の古いセンサーと新しいセンサーを備えたものがあり、それは明らかに高感度性能は優れていた。
  • 最高のものは、4k120fpsでグローバルシャッター、新しいコーデックとxqdカードを搭載する。
  • 年末までの超望遠ズームが登場する

ソース2(NABショーの前に私に送られた噂):

  • α7S IIIはNABでは登場しない。また、10bitの録画もない。
  • また、このカメラに完全に新しい種類のセンサーが搭載されることを噂されている。
  • RGBWまたは有機センサーテクノロジー(彼らが発表したグローバルシャッターバージョンではない)がベストの予想だ。
  • ソースとの会話に基づく可能性の高い仕様:
  • 12-1600万画素の新しいセンサー
  • 第3世代の画像処理
  • 非常に高いISO(200万以上)
  • 速い連続撮影
  • 像面位相差AF
  • 4k 60p
  • 1080p 120p 全画素読読み出し
  • より良いボディ内手ブレ補正

ソース3:

  • APS-Cのα6800が、RX100M6の後に発表される。

ソース4:

  • 年末までに、新しいソニーのAPS-Cフラッグシップ機と16-50mm F2.8のレンズが登場する。

とのこと



ソニー SONY ミラーレス一眼 α5100 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック ILCE-5100L-B



信憑性は高くないようですが、色々面白い話が出てきてますね。α6500後継機はα6700と噂が出てますが、ここではα6800という話になってますね。なおα6800はRX100M6の次っていうのは、RX100M5Aが正式発表されたのでハズレてますね。しかし、どのソースからもAPS-Cのハイエンド機の話が多いので、名前は分かりませんが、α6000系の新モデルが発表される可能性は高そうな感じですね。あと、今回は初めて出てきたα5ですが、ずっと前に噂されていたNEX-5ベースのフルサイズだったら面白いかもですね。まあ、EVF付いてるようなので、今回の噂だとα6000ベースな感じですけどね。また、α7S IIIの噂が上がっていますが、いつごろ登場するんですかね。ソニーヨーロッパが間もなく発売されるとコメントしたりしてますがどうなんでしょうかねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+