• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Photo of the Day ニコンFマウント用とキヤノンEOSマウント用
キヤノン・EOS 5D Mk II+カールツアイス・ZEISS Otus 1.4/55

http://thisistanaka.blog66.fc2.com/entry/851/

ZEISS Otus 1.4/55 ZF.2 vs Otus 1.4/55 ZE キャノニコ対決!


  • キヤノンEOSマウント用のZEISS Otus 55mmF1.4を使う機会もあったので、前回のニコンFマウントとあわせての印象。
  • 注目したい点は2つ。1つめはニコンFマウント用レンズに絞りリングがあることと、2つめはニコン用とキヤノン用でフォーカスリングの回転方向が異なることだ。
  • NIKKOR、タムロン、シグマも絞りリングを省略しているので、古いフィルムカメラに最新型のレンズを使用できないが、Otus55mmはニコンFマウントなら機種を選ばずに使える。
  • フォーカスリングの回転方向。EOSマウントレンズは無限から至近にフォーカスするには右回転する。これに対してFマウントレンズは左回転。キヤノンレンズ、ニコンレンズが古くから採用してきた方式。
  • だいぶ前のことになるがタムロンもシグマも、ニコン用とキヤノン用とでフォーカス回転の方向を変えていたが、小型軽量低コストを優先させ回転一方向のレンズしか作っていない。
  • ZEISSのその心配りに感心した。これこそ「おもてなしの心」と言ってもいいのではないだろうか。
  • レンズ専門メーカーとしてここまでやってるんだから、タムロンもシグマも、ほんのちょっぴりでイイから見習ってほしい。

とのこと

てっきり、「Otus 1.4/55 ZF.2」と「Otus 1.4/55 ZE」のキャノニコ画質対決かと思ったら、こんな視点の比較でしたか。

個人的にはフォーカスリングの回転方向の違いはそこまで気にならないかなあ…。ズームリングもそうなんですが、いろんなカメラやレンズを使う機会があるので、どっちか一方向のみを使い続けてないからかなあ。

スポーツ系のやプロカメラマンのように一瞬にかけるような撮影をしていたら別なんでしょうけどね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「ZEISS」カテゴリの最新記事

ツァイスが10月1日からレンズを値上げ!?ZMが100ドル、BatisとLoxiaが50ドル、Milvusが75ドル、全商品アップする!? ツァイスが10月1日からレンズを値上げ!?ZMが100ドル、BatisとLoxiaが50ドル、Milvusが75ドル、全商品アップする!?
ZEISS ZX1 「ZEISS ZX1」が(ついに)正式発表。
ZEISS ZX1 「ZEISS ZX1」が10月29日19時頃に正式発表され、価格は噂通り6000ドルの模様。
ZEISS ZX1 「ZEISS ZX1」がついに予約販売開始した!?価格は6,000ドルの模様。
sony ソニーの新製品噂まとめ【2020年5月】ZV1、α7S III、FE12-24mm F2.8 GM、F1.2単焦点など。
Carl Zeiss Otus 1.4/85 レビュー ツァイスがフルサイズミラーレス用に「Otus」クラスの高性能レンズを発売する!?
Xperia 1 II ソニーが5G対応Androidスマホ「Xperia 1 II」を発表。3眼レンズはZEISSでT*コーティングを採用。AF周りなどはαシリーズの技術を活かし、αシリーズの操作性も継承。
RX1R III(RX2?) ツァイスの「ZX1」は、ソニーの「RX1R III」のせいで発売が遅れている!?
Adobe Camera Rawがフライングで「Zeiss ZX1」に対応した模様。 Adobe Camera Rawがフライングで「Zeiss ZX1」に対応した模様。
カメラ新製品 今週、「ライカ SL2」、キヤノンの「RF70-200mm F2.8 L IS USM」「RF85mm F1.2 L USM DS」、富士フイルム「X-Pro3」、「ツァイス ZX1」、タムロン「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2」「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2」「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2」「70-180mm F/2.8 Di III VC VXD」は発表される模様。シグマとソニーから新製品も!?
ツァイスZX1 ツァイスZX1がまもなく発表される模様。フルスペック情報もリーク。
ソニー Eマウント ソニーの新製品噂まとめ【2019年10月】サードパーティのレンズの噂も。

ZEISS」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+