• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6585views)
  2. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(3379views)
  3. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2340views)
  4. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  5. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1454views)
  6. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(1049views)
  7. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(695views)
  9. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(677views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(640views)

OPPO、「ロスレス10倍ズーム」と「5Gスマホ」を公開 - ケータイ Watch

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/event/mwc2019/1171316.html


ケータイ Watchに、OPPOのMWC19に先立ったプレスカンファレンスのレポートが掲載されています。


  • OPPOが「ロスレス10倍ズーム」技術を採用したスマホのプロトタイプを公開。
  • OPPOのロスレス10倍ズームはトリプルレンズカメラ構造で実現。
  • 4800万画素メインカメラ、35mm判換算15.9mm相当の超広角カメラ、10倍に当たる159mm望遠カメラを搭載。
  • 3つのカメラを切り替えてズームを可能にする。
  • 望遠カメラはペリスコープ(潜望鏡)型のモジュールを採用。薄型化を実現。
  • このカメラを搭載したスマホは、2019年第2四半期に発売予定。
  • 展示会場にはプロトタイプが展示、10倍ズームを試すことができた。
  • 端末情報を確認したところ、日本でも発売済みの「R11s」がベース。
  • ズームは0.1倍ずつ調整することが可能。
  • カメラを切り替えて3つの焦点距離を選ぶはずだが、間はデジタルズームで補完しているよう。
  • ズームレンズを装着したデジタルカメラのように、徐々に倍率を上げていくことが可能。

とのこと



Oppo put a periscope inside a phone



先日、トリプルカメラのロスレス10倍ズームの開発発表をしていたOPPOですが、今回は現行機のR11sベースではありますが、プロトタイプ機を展示していたようですね。しかもタッチアンドトライ可能だったようです。ペリスコープ型とはいえ結構厚みが出るかなと思ったんですが、プロト機では普通のスマホと変わらない厚さですね。これは凄いかもですね。あと、広角、標準、望遠の画角の3つのカメラで、その間の画角はデジタル処理するようですが、画質的にはどうなるんですかね。なんにせよこの薄さで光学で159mmの望遠レンズはいいですね。なお、元記事にはスマホのディスプレイに表示された画像ではありますが、ズーム具合がわかる画像が掲載されています。これ見るとやはり159mmがスマホに搭載された便利そうですねえ。実機を触ってみたいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+