• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6586views)
  2. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(3379views)
  3. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2344views)
  4. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  5. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1478views)
  6. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(1049views)
  7. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(697views)
  9. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(680views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(644views)

OPPO、スマホで「ロスレス10倍ズーム」を実現するトリプルカメラ開発 - AV Watch

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1165472.html

OPPOがスマホ向けトリプルカメラでの15.9mm~159mm「ロスレス10倍ズーム」を発表。

AV Watchに、OPPOがスマホ向けトリプルカメラでの15.9mm~159mm「ロスレス10倍ズーム」発表のニュースが掲載されています。


  • OPPOがスマホ向けトリプルカメラで35mm換算15.9mm~159mmの「ロスレス10倍ズーム」を実現するという技術を発表。
  • 2月25日からバルセロナで開催される「MWC 2019」で展示予定。
  • スマホ向けトリプルカメラソリューション「超ワイドアングル+超クリアマスター+テレフォト」構成。
  • 超ワイドアングルカメラは15.9mm、ワイドアングルビューファインダーと組み合わせ使用。
  • プライマリカメラが「写真の画像品質を保証」し、焦点距離が159mmのテレフォトカメラとオリジナルの「飛び出し構造」を組み合わせ、高倍率ズームをサポート。
  • 3台のカメラを連動させ「さまざまなズーム範囲で画像品質が最適化する10倍ズームをリレー方式で実現する」という。
  • 標準とテレフォトの両方のカメラにデュアルOISの光学手ぶれ補正機構。
  • 独自技術を使った「ペリスコープ(潜望鏡)構造」が特徴。
  • レンズセットの横方向配置と屈折を利用し、携帯電話の筐体の幅と厚みを最大限に活用。
  • 省スペースで薄く軽量なスマホに、より大きな光学コンポーネントを利用できる。

とのこと



OPPO R17 Pro【国内正規品】6.4インチ/SIMフリースマートフォン/ミストグラデーション



これはまたスゴい構造ですね。高倍率ズームレンズを横向きに付けて、先だけ90度に曲げてる感じですかね。まさに潜望鏡のようですが、この屈折させてる部品はペンタプリズムとかですかね。この部分でどのくらい劣化が起こるのか気になる所ですね。実際にどんなクオリティの描写になるのか楽しみです。もし、十分なクオリティの画質だったら、ちょっと欲しいかもですね。あと、価格がどのくらいになるのか気になるなあ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+