• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6732views)
  2. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2435views)
  3. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(2005views)
  4. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1992views)
  5. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  6. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  7. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(757views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(752views)
  9. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(706views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(663views)

Nikon | ニュース | 報道資料:「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」、「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」、「マウントアダプター FTZ II」を発売

https://www.nikon.co.jp/news/2021/1028_nikkor-z_02.htm

ニコンが「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」「マウントアダプター FTZ II」を正式発表。


  • ニコンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の超望遠ズームレンズ「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」、標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」と、「マウントアダプター FTZ II」を発売。

「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」

  • 色にじみや色づきを徹底的に抑え、絞り開放から極めて高い解像性能を発揮する「S-Line」に属するNIKKOR Z レンズ。
  • 幅広い焦点距離をカバーするNIKKOR Z レンズ初の超望遠レンズとして、広角端でクラス最短の撮影距離0.75mを実現しました。
  • 質量はクラス最軽量の約1355g、長時間の移動時や、撮影時の負担を軽減。
  • ニコン初の「重心移動レス機構」を採用し、ズーミングによる重心の変化を大幅に抑制。
  • 希望小売価格:385,000円(税別350,000円)
  • 発売時期:2022年2月予定

「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」

  • 高い解像力を有するNIKKOR Z レンズの「S-Line」
  • 色にじみを抑えたシャープな描写を実現する5倍標準ズームレンズ。
  • 幅広い焦点距離を開放F値4一定でカバーし、静止画、動画ともに望遠側での大きなボケを活かした表現が可能。
  • クラス最軽量の約630gを実現、高い携行性を有している。
  • 望遠端で最大撮影倍率0.39倍を実現、被写体を大きく撮影可能。
  • 希望小売価格:154,000円(税別140,000円)
  • 発売時期:2022年2月予定

「マウントアダプター FTZ II」

  • NIKKOR Fレンズを「ニコン Z マウントシステム」でも可能な限り活かせるように設計したマウントアダプターで。
  • 従来の「マウントアダプター FTZ」(2018年9月発売)から三脚座をなくし、凸部を最小化することで軽量化を実現。
  • 縦位置撮影時にグリップが握りやすく、さまざまなアクセサリーが装着しやすいなど、操作性も向上。
  • これまで同様に、AI Nikkor以降の約360種類のレンズに対応、AEもしくはAE/AF撮影や、手ブレ補正にも対応しています。
  • 希望小売価格:36,300円(税別 33,000円)
  • 発売時期:2021年内予定

→NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

→NIKKOR Z 24-120mm f/4 S - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

→マウントアダプター FTZ II - 概要 | アクセサリー | ニコンイメージング

とのこと



Viltrox 56mm F1.4 STM Nikon Zマウント用 オートフォーカス 広角レンズ 瞳AF対応 APS-Cサイズ Z fc Z50 Z5 Z6 Z6 II Z7 Z7 IIカメラ対応



噂に上がっていた「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」と「マウントアダプター FTZ II」、そして先日急浮上した「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」が正式発表されましたね。「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」があるので、「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」はもう少し先でも良いかなとは思いましたけどね。次あたりは小三元最後の1本「NIKKOR Z 70-200mm f/4 VR S」に期待したいですよね。そして、100-400mmですが「Z 9」が登場したので、望遠レンズは欲しいですからね。まあ、望遠まだまだ足りてないですが、現状は同じく今回発表された FTZ II」でFマウントレンズを使ってカバーって感じですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+