• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(10872views)
  2. キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?(10590views)
  3. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(10537views)
  4. キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?(9314views)
  5. ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?(8402views)
  6. キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。(8160views)
  7. ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。(7329views)
  8. 東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。(7069views)
  9. キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?(6274views)
  10. 2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?(5755views)

Four new Leica cameras to be announced in 2022? - Leica Rumors

https://leicarumors.com/2022/01/14/four-new-leica-cameras-to-be-announced-in-2022.aspx/

ライカが2022年に発表する新型カメラは4機種になる!?

Leica Rumorsに、2022年に発表されるライカの新型カメラの噂が掲載されています。


  • 昨日アップしたライカM11の動画の中で、ライカのヘッドデザイナー、Mark Shipard氏が「未来のライカが生まれる場所」ミュンヘンのデザインスタジオに入っていく様子が映し出されている。
  • 彼の背後の壁には、S、SL、Q、Mの各ラインの歴代モデルを示す様々なカメラがずらりと並んでいる。
  • 壁の一番端には、発表されたばかりのM11の真上に覆いかぶさるように、S、SL、Qの3種類のカメラが並んでいるのがはっきりと見える。

ライカが2022年に発表する新型カメラは4機種になる!?



とのこと



Leica Camera - M11 Keynote



Leica X1



「ライカM11」を正式発表したライカですが、今年はSシリーズ、SLシリーズ、Qシリーズの新型も発表するんですかね。なお、Sシリーズの最新機種は2020年3月のS3なんでまだ早いですよね。そして、SLは2020年12月のSL2-Sですが、これはSL2のマイナーチェンジモデルなので、カウントしないとすると、2019年11月のSL2ですね。これも後継機はまだ早い気はしますよね。Qは2019年3月のQ2ですが、これなら今年の年末とかなら可能性ありそうな気もしますね。まあ、そもそもこの映像中に登場してるタイムラインのような図では、M11と同じ軸には並んでいますが、単純に各シリーズの後継機を開発中だということを示してるだけで、2022年に登場するかは微妙な感じしますしね。どうなるんですかねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+