• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6588views)
  2. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(3379views)
  3. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2348views)
  4. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  5. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1504views)
  6. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(1049views)
  7. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(702views)
  9. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(688views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(647views)

[PY] フォトヨドバシ "RANGEFINDER" | Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM

http://rangefinder.yodobashi.com/lens/voigtlaender/n4012.html

フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM レビュー

フォトヨドバシさんに、フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM のレビューが掲載されています。


  • 開放から素晴らしい写り。
  • CP+2017での参考出品時「コンパクトで高性能」をコンセプトとし、携行性に優れた大口径で現代的な高い性能を持つレンズを目指しているということだった。
  • まさにその通りの一本となっている。
  • ピントピークのキレのよさは凄みすら感じる。
  • 自然でボリュームのあるボケはF1.2でなければ味わえないもの。
  • F1.8やF1.4が常用されることが多いなかで、F1.2というのは非常に個性的。
  • ある意味では「色モノ」的な印象を受ける。
  • しかし、Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VMは画を見るとわかる通り、開放からシャープでキレのある現代的な描写。
  • この写りでこのサイズ、この価格なら、何も難しいことは考えずに普段から使っていける一本になり得る。
  • 標準域のレンズと考えれば、最短撮影距離が0.5mというのも魅力のひとつ。
  • 絞ればさらにキレ味は増し、開放での画とはわずかに性格を変えてくる。

とのこと



Voigtlander VMマウントNokton 40 mm f1.2 Aspherical



先日、「NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount」が発売され今年頭に発表されたEマウント用の3本のレンズが出そろいました。その内の1本「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount」のVM版なわけですが、これ本当に良く写るレンズですね。ビル写真とか開放なのにここまで写るのかと感心します。そして冒頭の車内での写真、差し込む光と煙草の煙(?)とハンドルと、なんとも言えない雰囲気のある描写です。NOKTON 40mm F1.2、いいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica, Voigtlaender」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+