• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. OMデジタルソリューションズでは、現在3000万画素マイクロフォーサーズセンサーを検討していない模様。OMデジタルソリューションズでは、現在3000万画素マイクロフォーサーズセンサーを検討していない模様。(463views)
  2. キヤノンのカメラとレンズの在庫の問題は3月末までには解決される!?6月頃に新製品の発表が!?キヤノンのカメラとレンズの在庫の問題は3月末までには解決される!?6月頃に新製品の発表が!?(456views)
  3. パナソニックは「GH5」後継機の検討を確実に進めているとコメント。「GH5」後継機用の画期的なズームや単焦点レンズも検討している模様。パナソニックは「GH5」後継機の検討を確実に進めているとコメント。「GH5」後継機用の画期的なズームや単焦点レンズも検討している模様。(283views)
  4. ソニー「FE 50mm F1.2 GM」は3月16日に発表される!?ソニー「FE 50mm F1.2 GM」は3月16日に発表される!?(271views)
  5. シグマ山木社長が「フルサイズFoveonセンサー」の開発についてコメント。今後は日本の本社主導で開発を行う模様。また、「sd Quattro H」のLマウント版は現時点では計画は無い模様。シグマ山木社長が「フルサイズFoveonセンサー」の開発についてコメント。今後は日本の本社主導で開発を行う模様。また、「sd Quattro H」のLマウント版は現時点では計画は無い模様。(217views)
  6. シグマの商品企画部長が「DG DN Sports」を開発中とコメント。シグマの商品企画部長が「DG DN Sports」を開発中とコメント。(190views)
  7. 富士フイルムは現在「XF35mmF1.4 R」後継レンズの開発には取り組んでいない!?富士フイルムは現在「XF35mmF1.4 R」後継レンズの開発には取り組んでいない!?(119views)
  8. ニコンの新製品噂まとめ【2021年2月】フラッグシップ機とEVF非搭載のZマウントAPS-C機が登場する!?ニコンの新製品噂まとめ【2021年2月】フラッグシップ機とEVF非搭載のZマウントAPS-C機が登場する!?(88views)
  9. ニコンのフルサイズミラーレス「Z 8」とD850後継機に6000万画素センサーが搭載される!?ニコンのフルサイズミラーレス「Z 8」とD850後継機に6000万画素センサーが搭載される!?(77views)
  10. ライカが全世界750台限定ダニエル・クレイグ×グレッグ・ウィリアムズとのトリプルコラボモデル「ライカQ2 Daniel Craig x Greg Williams」を正式発表。ライカが全世界750台限定ダニエル・クレイグ×グレッグ・ウィリアムズとのトリプルコラボモデル「ライカQ2 Daniel Craig x Greg Williams」を正式発表。(68views)
  1. ニコンの新製品噂まとめ【2021年2月】フラッグシップ機とEVF非搭載のZマウントAPS-C機が登場する!?ニコンの新製品噂まとめ【2021年2月】フラッグシップ機とEVF非搭載のZマウントAPS-C機が登場する!?(3265views)
  2. ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」のリーク画像ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」のリーク画像(2388views)
  3. 2021年には富士フイルムXマウント用のシグマレンズが登場する!?再びシグマが示唆!?2021年には富士フイルムXマウント用のシグマレンズが登場する!?再びシグマが示唆!?(2173views)
  4. 一眼レフ・ミラーレスを合わせたフルサイズ機のシェアでソニーがキヤノニコを引き離しトップを独走の模様。フルサイズミラーレスに絞った場合は市場のほぼ半数になる模様。一眼レフ・ミラーレスを合わせたフルサイズ機のシェアでソニーがキヤノニコを引き離しトップを独走の模様。フルサイズミラーレスに絞った場合は市場のほぼ半数になる模様。(1838views)
  5. キヤノンのEOS Rフラッグシップ機「EOS R1」には、グローバルシャッターとクアッドピクセルAFが搭載される!?キヤノンのEOS Rフラッグシップ機「EOS R1」には、グローバルシャッターとクアッドピクセルAFが搭載される!?(1800views)
  6. ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」の背面画像とスペックのリーク情報。ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」の背面画像とスペックのリーク情報。(1712views)
  7. ソニー「α7 IV」の噂のスペック情報は正しい可能性が高い!?RXシリーズともう1台のカメラの登場も!?ソニー「α7 IV」の噂のスペック情報は正しい可能性が高い!?RXシリーズともう1台のカメラの登場も!?(1642views)
  8. リコーからペンタックス「K-1 Mark II J Limited 01」が近日中に登場。ブラック&ゴールド・ヴィリジアン・スカーレットルージュ・LX75メタリックの4色展開の模様。リコーからペンタックス「K-1 Mark II J Limited 01」が近日中に登場。ブラック&ゴールド・ヴィリジアン・スカーレットルージュ・LX75メタリックの4色展開の模様。(1639views)
  9. ソニーから8K動画録画可能な3000万画素以上のマイクロフォーサーズセンサーが登場するのほぼ確定!?パナソニック「GH6」に搭載か!?ソニーから8K動画録画可能な3000万画素以上のマイクロフォーサーズセンサーが登場するのほぼ確定!?パナソニック「GH6」に搭載か!?(1623views)
  10. シグマが近日中にソニーフルサイズEマウント用ズームレンズを発表する!?シグマが近日中にソニーフルサイズEマウント用ズームレンズを発表する!?(1543views)

富士フイルム、税別約67万円になった1億画素機第2弾「GFX100S」 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1302374.html

GFX100S

デジカメ Watchに、富士フイルムの「GFX100S」正式発表のニュースが掲載されています。


  • 富士フイルムは、有効約1億200万画素の「FUJIFILM GFX100S」を2月下旬に発売。
  • 価格オープン。店頭予想価格69万9,000円前後(税別)。
  • GFX100の画質性能を継承しながらも内部機構を刷新して小型化
  • 43.8×32.9mmの大型センサーを採用するGFXシリーズに属する機種。
  • GFX100と同じ、有効約1億200万画素ベイヤータイプの裏面照射型CMOSセンサーを搭載。
  • 高画素ながら広いダイナミックレンジをいかした階調再現や低ノイズ性能を実現。
  • 画像処理エンジンもX-Processor 4でGFX100と同じ。
  • GFX100SはGFX 50Sを想起させるボディデザインを採用。
  • 外形寸法自体、GFX 50Sのサイズ(EVF装着時の数値)とほぼ同等かそれ以下の大きさに抑えこまれている。
  • ダウンサイズの背景、同社は各デバイスの小型化と配置の最適化によるものだと説明。
  • 筐体はマグネシウム合金、特に負荷のかかりやすいマウント部周辺に厚みをもたせるなど、様々な調整を施すことで剛性と軽量設計の両立を実現。
  • 長期間の使用にも耐える強度を確保しながらも、質量約900gを実現(GFX 50Sは約825g。GFX100は約1,320g)。
  • AFは像面位相差に対応。位相差画素を全面に配置(カバー率約100%)したセンサーとX-Processor 4により精度と高速性を実現。
  • アルゴリズムを刷新した動体予測や顔・瞳検出、動体や人物の補足性能も向上。
  • ボディ内手ブレ補正機構も引き続き搭載。補正効果は最大6.0段分に向上。
  • センサー支持構造自体を変更するなどして機構を刷新。
  • GFX100に搭載していたものから、体積で約20%、質量にして約10%の小型化。
  • 振動検出精度の向上やジャイロセンサーの刷新、加速度センサーの採用、シャッター機構自体の刷新(微振動を抑制する内部構造を採用。小型化も実現)など、各デバイス・技術の複合的な効果によって補正段数の向上を実現。
  • EVF0.5型369万ドット表示。倍率0.77倍で、アイポイント23mm。GFX 50Rと同等性能。
  • バッテリーはX-T4で新たに採用したNP-W235を使用。
  • 撮影可能枚数、背面モニターで約460枚。EVF430枚(ブーストモード時背面モニター400枚、EVF320枚)。
  • ボディ天面の操作系は、モードダイヤルを中心としたインターフェースに刷新。
  • GFX100・GFX 50系のどちらとも違う操作系。
  • 6つのカスタムポジションを登録できる仕様。
  • モードダイヤル前方に静止画モードと動画モードの切替スイッチを配置。
  • 右肩部に1.8型のサブモニター設置。シャッタースピードや絞り、感度、露出補正の値などの主要な情報に加えて、機能アイコンや撮影残枚数・残撮影時間の確認に利用できる(カスタマイズ可能)。
  • フォーカスレバー形状刷新。従来のスティック型からフラットな形状に変更。
  • 長時間の使用でも痛みを感じにくく、意図した場所へ直感的に移動できる。
  • 背面モニター3.2型約236万ドット表示。上90度、下45度、右60度の3方向チルト対応、タッチ操作可能。
  • フィルムシミュレーションは新たに「ノスタルジックネガ」搭載。
  • 1970年代の「アメリカンニューカラー」の代表作を想起させる色再現で調整。
  • 柔らかい階調と高い彩度が得られる画づくりとなっている。
  • ハイライト部を柔らかくアンバーよりの描写で再現する。
  • 一方で、シャドウ部ではディテールを残したまま色のノリも維持している点も特徴。
  • 4K 30p対応。カメラ内記録4K 30p 4:2:0 10bit対応。
  • HDMI経由4K 30pの4:2:2 10bit出力にも対応。
  • ATOMOSのHDMIフィールドモニター/レコーダー「NINJA V」でApple ProRes RAW記録可能。
  • ボディの小型化にあわせて、ハンドグリップ「MHG-GFX S」もラインアップ。
  • 底面にアルカスイス互換形状を採用。希望小売価格2万2,000円(税別)。

GFX100S



→「FUJIFILM GFX100S」新発売 | 富士フイルム [日本]

→FUJIFILM GFX100S | Cameras | 富士フイルム Xシリーズ & GFX

とのこと



FUJIFILM GFX100S Promotional Video/ FUJIFILM



FUJIFILM 中判ミラーレス一眼カメラ GFX 50R



噂通りに「GFX100S」が登場しましたね。1億200万画素でこのサイズ感、ボディ内手ブレ補正は強化されものが搭載され、この価格。富士フイルム勝負に出た感じもしますね。GFXシリーズのユーザー数を一気に増やそうとしているようにも感じます。「GFX100S」は結構売れそうな感じもしますね。ただ、1億画素ともなるとカメラやレンズ以外の周辺機器の現像用PCスペックやストレージ容量などにも高性能で大容量なものが求められるので、色々と考えてしまいますよね。なんにせよ中判の1億画素機がこの価格で手に入るのは魅力的ですね。あと、噂に上がっていたフィルムシュミレーション「ノスタルジックネガ」は、この「GFX100S」に採用されましたね。Xシリーズなどの現行機にもアップデートで対応されることに期待ですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+