• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。(550views)
  2. ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?(320views)
  3. キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。(264views)
  4. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(123views)
  5. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(99views)
  6. 「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。(79views)
  7. キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?(78views)
  8. ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。(73views)
  9. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(57views)
  10. ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?(46views)

キヤノン、フルサイズミラーレス用の大口径中望遠レンズ「RF85mm F1.2 L USM」 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1183295.html

キヤノンが「RF85mm F1.2L USM」を正式発表。

デジカメ Watchに、キヤノンが「RF85mm F1.2L USM」を正式発表のニュースが掲載されています。


  • キヤノンが「RF85mm F1.2 L USM」を6月下旬に発売。
  • キヤノンオンラインショップでの販売価格は税込35万9,100円。
  • 「EOS R」シリーズ用のキヤノンRFマウント採用の交換レンズ。
  • RFマウントのLレンズ大口径単焦点は、RF 50mm F1.2 L USMに続いて2本目。
  • 色収差抑制のために、キヤノン独自開発のBRレンズを採用。
  • 一眼レフカメラ用のEFレンズにおいて「EF35mm F1.4L II USM」で採用例がある。
  • 本レンズにはこのBRレンズとともに、特殊低分散性を持つUDレンズも組み合わせた。
  • 鏡筒にはフォーカスリングに加えコントロールリングを装える。
  • 防塵防滴構造。鏡筒内のメカ構造を見直し高い耐久性と耐振動衝撃性も持たせた。
  • レンズ最前面と最後面には、水滴や汚れを拭き取りやすいフッ素コーティング。
  • 撮影画像のフレアやゴーストを抑制するレンズコーティング「ASC」採用。
  • レンズ構成9群13枚。絞り羽根9枚(円形絞り)。最小絞りF16。
  • 最短撮影距離0.85m。フィルター径82mm。
  • 最大径×長さ103.2×117.3mm。重量約1,195g。レンズフード「ET-89」付属。
  • 2月に本レンズと同時に開発発表された「RF85mm F1.2 L USM DS」は、2019年中の発売を目指している。
  • DSはDefocus Smoothingの略で、RF85mm F1.2 L USMと同様の光学系に、蒸着技術によるボケ像のエッジを柔らかくする仕組みを取り入れた製品。
  • ポートレート撮影に適したレンズとして開発。

→大口径中望遠単焦点レンズ"RF85mm F1.2 L USM"を発売 焦点距離85mmのキヤノン製交換レンズとして最高レベルの画質を実現 | キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

→キヤノン:RF85mm F1.2 L USM|概要

とのこと



Canon 単焦点標準レンズ RF50mm F1.2L USM EOSR対応 RF5012LU



噂の上がっていた「RF85mm F1.2L USM」が正式発表されましたね。BRレンズを採用していたんですね。EF35mm F1.4L II USM以来約4年ぶりのBRレンズになりますね。これは写りには期待できそうです。価格はRF50mm F1.2L USMも30万超えでしたが、やはりこの85mmも30万もとい35万超えの高価格設定になってますね。これRF85mm F1.2 L USM DSの方はもっと高価格になるんですかね。RF85mm F1.2 L USM DSは今年中との話ですが、RF15-35mm F2.8 L IS USM、RF24-70mm F2.8 L IS USM、RF70-200mm F2.8 L IS USMは7月末までに三本同時登場と噂されれてれるので、次に登場するレンズは大三元になるかもですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+