• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。(118views)
  2. ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?(51views)
  3. キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。(32views)
  4. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(20views)
  5. ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?(18views)
  6. 「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。(17views)
  7. ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。(16views)
  8. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(13views)
  9. キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?(12views)
  10. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(11views)

Mitakon Speedmaster 135mm f/1.4 Lens Hands-On:PHOTOGRAPHY BAY

http://www.photographybay.com/2015/10/22/mitakon-speedmaster-135mm-f1-4-lens-hands-on/

中一光学「Speedmaster 135mm F1.4」

PHOTOGRAPHY BAYに、PhotoPlusで展示されている中一光学「Speedmaster 135mm F1.4」の写真が掲載されています。


  • Mitakon Speedmaster 135mm F1.4 はクリックレスの絞りを備えている。
  • そして、大きなバレルのロングスローフォーカスリング。
  • フィルタ経は105mm。重さは6.6ポンド(約3kg)。
  • 絞り羽根は驚きの11枚。解放時の背景分離が素晴らしい。
  • Zyopticsのウェブサイトでキヤノン、ニコン、ソニーFEマウントが頭金$500で予約可能。
  • 発売は2016年はじめで最終価格は$2,999。

中一光学「Speedmaster 135mm F1.4」


中一光学「Speedmaster 135mm F1.4」



とのこと



Zhongyi SPEEDMASTER 85mm F1.2 大口径 中望遠 レンズ ソニー E マウント カメラ用



α7との組み合わせだと冗談みたいな大きさですが、135mmでF1.4とはスゴいですねえ。135mmの大口径といえば、キヤノンのEF135mm F2L USMや、ボケ味調整できるニコンのAI AF DC-Nikkor 135mm f/2D、そして唯一のF2を切っていたソニーのSonnar T* 135mm F1.8 ZAあたりですが、Speedmaster 135mm F1.4は、F1.4ということもあって、飛び抜けて大きく重いですね。Sonnar T* 135mm F1.8 ZAも約1kgで重いですが、その3倍の3kgって…。これは1脚や3脚が必須な予感ですね。まあ運用は大変そうですが、その分ほかでは味わえない描写を得られるのかもですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon, Nikon, Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+