• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Ricoh 透過率を高速に変更可能なハーフミラーの特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

http://egami.blog.so-net.ne.jp/2014-11-27

リコーがTLM(トランスルーセントミラー・テクノロジー)なカメラを開発中!?

エンジニアの嗜みさんにリコーのハーフミラー特許の話が掲載されています。


  • リコーがハーフミラーの特許を出願中。
  • 透過率を高速に変更可能、応用範囲が広そう。
  • ハーフミラーのメリットは光を分岐するので各受光部で光を同時に受け取れること。
  • 代表例はソニーのTLMで、AFセンサと撮像素子を同時に駆動させることが出来る。
  • つまりライブビューと高速な位相差AFを同時に使える唯一の技術。
  • デメリットは各受光部で受け取る光が減衰してしまうこと。
  • ソニーはTLMの透過率や反射率を明らかにしていない。
  • 特許申請の記述や実態から推測すると、約7割が撮像、約3割がAFセンサに使われるのではないか。
  • リコーの特許申請は透過率を高速に変更可能なハーフミラー。
  • AFを優先したい場合は、ハーフミラーの反射率を上げてAFセンサの受光効率を向上。
  • 露光中は透過率を上げれば撮像素子の感度低下は最小限で済む。
  • 透過率を適度な割合に設定すれば露光中のAFも可能になる。

とのこと

おお、ソニーのお家芸かと思ったら、リコーもトランスルーセントミラー・テクノロジーを検討してるんだ。しかもソニーのものよりも高性能っぽいですね。果たして、これを採用したカメラは発売されるんですかねえ。つか、もし出るならKマウントなのかなあ?
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「PENTAX」カテゴリの最新記事

PENTAX, RICOH」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+