• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?(3271views)
  2. シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。(2017views)
  3. ソニーが9月18日に新製品発表を行う!?「FE 24mm F1.4 GM」と「FE 135mm F1.8 GM」の可能大!?ソニーが9月18日に新製品発表を行う!?「FE 24mm F1.4 GM」と「FE 135mm F1.8 GM」の可能大!?(1754views)
  4. ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?(1571views)
  5. ソニーの9月25日の記者会見では新製品は登場しない!?10月に登場!?ソニーの9月25日の記者会見では新製品は登場しない!?10月に登場!?(1563views)
  6. キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。(1472views)
  7. ソニーがフルサイズEマウント用レンズ「FE 24mm F1.4 GM」を海外で正式発表。ソニーがフルサイズEマウント用レンズ「FE 24mm F1.4 GM」を海外で正式発表。(1099views)
  8. パナソニックのフルサイズミラーレスは4200万画素以上になる!?パナソニックのフルサイズミラーレスは4200万画素以上になる!?(1027views)
  9. パナソニックのフルサイズミラーレスには、有機センサーもマルチアスペクトセンサーも搭載されない!?パナソニックのフルサイズミラーレスには、有機センサーもマルチアスペクトセンサーも搭載されない!?(1026views)
  10. 富士フイルムはフルサイズミラーレス機の開発は考えていない模様富士フイルムはフルサイズミラーレス機の開発は考えていない模様(982views)

片手で持てる中判カメラ:ハッセルブラッドのミラーレス中判デジタルカメラ「X1D」の実機を写真でチェック – ITmedia LifeStyle

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1607/01/news160.html

X1D

ITmedia LifeStyleに、ハッセルブラッドの中判ミラーレス「X1D」の日本向け発表会での実機レビューが掲載されています。


  • ハッセルブラッドが6月22日に発表した、ミラーレス中判デジタルカメラ「X1D」の日本向け発表会が7月1日、ハッセルブラッド ストア 東京で行われた。
  • 7月6日から予約を開始。9月初旬に発売。
  • 価格はオープン予想実売価格は102万8000円(税別)。
  • センサーサイズは43.8×32.9mm、画素数が8272×6200ピクセルの5000万画素。
  • 画素ピッチが5.3×5.3μmのCMOSセンサーを搭載。
  • 電子ビューファインダーは236万ピクセル。
  • モニターはTFT液晶で3インチ92万ピクセルの固定式。
  • モニターはタッチパネル、iOSデバイスで30fpsのリモートライブビューも可能。
  • センサーのISO感度は100~25600、階調は16bit。
  • ダイナミックレンジは14ストップと広い。
  • ファイルフォーマットは静止画でJPEGまたはRAW(3FR)
  • 動画で1920×1080ピクセル25fpsのH.264。
  • シャッタースピードは1/2000秒~60分。
  • 記録にはデュアルSDカードスロット(UHS-I)
  • PCとの接続にはUSB 3.0 Type-Cケーブルを用いる。
  • Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac)とGPS機能も搭載。
  • 本体サイズは150(幅)×98(高さ)×71(奥行き)mm。
  • 重量はバッテリー込で725g。
  • レンズは新たにXCDレンズを開発。
  • シャッタースピードが最速でも1/2000秒なのは、レンズシャッターを採用のため。
  • レンズシャッターはシャッタースピードが稼げない。
  • その一方で、比較的遅いシャッタースピードでも手ブレしにくいという利点がある。
  • 従来のHシステムのレンズもアダプターを介して装着可能。フランジバックは18.4mm。
  • レンズはまず45mmと90mmの2本がラインアップ。
  • それぞれ価格は税別24万8000円と29万8000円を予定。
  • X1Dを手で持ったところ。中判にもかかわらずとても小さいことが分かる。
  • マウント径は約6cmで、レンズの装着は固く、マウントが強固であると感じた。

とのこと



ハッセルブラッドの時間 (エイ文庫)



元記事にハンズオン画像がいくつか掲載されていますが、これは本当にかなり小型ですねえ。レンズシャッターにしたのも小型化に大きく貢献してるんでしょうね。シャッタースピードが1/2000秒だったり、コントラストAFだったりしますが、このカメラの使用目的を考えるとこれはあまり問題はなさそうな気がしますね。これは実際にも触ってみたいですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+