• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Possible Sony/Sigma/Tamron product release roadmap speculation: Compact Camera first, telephoto lenses and than A7sIII and A7IV - sonyalpharumors

https://www.sonyalpharumors.com/possible-sony-sigma-tamron-product-release-roadmap-speculation-compact-camera-first-telephoto-lenses-and-than-a7siii-and-a7iv/

ソニーのカメラ・レンズ新製品の噂まとめ【2020年1月】α7 IVやα7S III、新型コンデジ、望遠レンズなど。

sonyalpharumorsに、2020年1月27日時点のソニーの噂まとめが掲載されています。


  • 噂に基づいて、カメラとレンズのリリース時期のロードマップを推測してみた。

【2月、3月】

新型コンパクトカメラ

  • 新しいコンパクトカメラが登場することを100%確信している。
  • これが新しいアクションカムなのか、新しいRX10VまたはRX1IIIなのかは不明だ。

望遠レンズ

  • 70%の確立で新しい望遠レンズが登場する可能性がある。
  • ロードマップ上にあるいくつかの望遠レンズのことを聞いるが、どれが最初に登場するかはわからない。
  • おそらく新しい300mm F2.8 GMだろうか?

SIGMA 70-200mm F2.8

  • シグマは新しい70-200mm f/2.8を発売するかもしれない(80%の信憑性)

α7 IV

  • 3月ごろに「もっと大きな製品」について聞いた。
  • それはα7IVかもしれまないが、私は保守的であるように努め、α7 IVのリリースタイミングをPhotokinaと考えている。

【4月】

α7S III

  • ソニーα7S IIIがNABショーで発表される可能性は70%ある。
  • カメラには間違いなく4K60p 10bit 4:2:2に対応する。

シネFEレンズ

  • FE C 16-35mm T/3.1 Gおよび2つのシネFEレンズがNABショーで発表される。

【5月】

α7 IV

  • ソニーはPhotokinaで「最新の革新」を披露すると約束した。
  • α7 IVはうってつけのようだが、このカメラはもっと早くCP+で発表されるかもしれない。
  • しかし、これまでのところ、これが事実であるという証拠は得られていない。
  • したがって私の純粋な推測のままである。
  • 私が得た唯一の信憑性の低い噂によると、α7 IVにはバリアングルモニタを搭載する。

エントリー向け望遠レンズ

  • 今年も「エントリー向け望遠レンズ」があると聞いた。
  • エントリー機のα7 IVと一緒にこのレンズを発売するのは理にかなっていると思う。

Tamron FEレンズ

  • Tamron FEレンズは今年、最大6種類の新製品が発表される。
  • 最初のものはPhotokinaで公開される予定だ。

【6月-12月】

新型RXシリーズ

  • いままでを考えると、6月/ 7月は常に新しいRXシリーズを発表する良い時期だ。
  • 新しいRX100シリーズおよび/またはRX10モデルが登場する可能性がある

新しい広角GMレンズ

  • 間違いなく新しい広角GMレンズがあります。

α7 IV

  • いままでを考えると、10/11月は新しいFEカメラの発売に適した月だ。
  • したがって、何らかの理由でα7 IVがPhotokinaで発表されないのであれば、秋に発表される可能性が高い。

現行FEレンズのアップデート

  • 現在のFEレンズの一部はアップデートされる予定だ(24-70mm f/2.8 GMなど)。

サードパーティ

  • Venus OpticsがF0.95 FEレンズを発売する
  • シグマがより多くのFEズームを発売(望遠ズーム?)。
  • もちろんTamron FEレンズはもっと登場する(主に単焦点)。

【サプライズ】

α7000、中判カメラ、α5

  • ここ数年、ソニーからサプライズはあまりなかった。私にとって何が驚きか?
  • α7000(中央EVF)、中判カメラ(固定レンズ)、α5(999ドルα6000に似たコンパクトなスタイリングのフルサイズ)です。

FE 50mm F1.2 GM

  • ソニーはF1.2の大口径AFレンズの製造を検討していると述べた。
  • 例えば、50mm F1.2 GMを作るのは理にかなっているだろう。

  • この記事で紹介したカメラとレンズは噂に基づいているが、タイミングはほとんど推測に過ぎない。
  • 私の推測の一部が間違っているかもしれないことを留意してほしい、。
  • 「発表時期に関する噂」が得られた場合は、このロードマップを更新し、「推測」がどれか、「噂」がどれかを明確にする。

とのこと



ソニー SONY ミラーレス一眼 α5100 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ホワイト ILCE-5100L-W



ソニーの新製品の噂まとめですが、やはり気になるのは、「α7 IV」と「α7S III」ですかね。α7 IVについては、CP+とPhotokina、そしてα7S IIIはNABの可能性が提示されてますね。もし、α7 IVがPhotokinaでの登場になるとCP+のソニーはちょっと寂しい感じもしますね。代わりにサプライズに上がってるセンターにEVFを配置したAPS-C機のα7000、中判カメラ、NEX-5ベースのフルサイズ機α5、FE 50mm F1.2 GMあたりが出てたら驚きですが、ないかなあ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「SIGMA」カテゴリの最新記事

リコーイメージングの「HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW」は、「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art」がベースになっている!? リコーイメージングの「HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW」は、「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art」がベースになっている!?
SIGMA シグマからソニーEマウント用とLマウント用の「USB DOCK」が登場する模様
SIGMA シグマから今後登場するレンズは、ほとんどがミラーレスカメラ用専用設計DNシリーズになると、山木社長が発言した模様。
シグマのフルサイズFoveonセンサーは、早ければ2021年夏に登場予定。何か問題があった場合は2022年に延期する可能性もある模様。 シグマのフルサイズFoveonセンサーは、早ければ2021年夏に登場予定。何か問題があった場合は2022年に延期する可能性もある模様。
SIGMA シグマはCP+で「70-200mm F2.8 DG DN OS HSM | Sports」の発表を予定したが、CP+が中止になったことで、いつ発表されるのか不明に!?
ソニー Eマウント ソニーが近日中に発表する2つの新製品「FE 20mm F1.8 G」と「新型レンズ固定式カメラ」の噂。また、シグマとタムロンのFEレンズの話も。
飛びこめ!!沼番外編 「fpフェスの日」 飛びこめ!!沼番外編 「fpフェスの日」
Foveon シグマ「fpフェス 2020春」で、山木社長からフルサイズFoveonセンサー製品化計画リセットについて説明があった模様。
SIGMA シグマが2月27日10:00~12:00に記者会見を行う模様。「70-200mm F2.8 DG DN OS HSM | Sports」発表!?
Foveon シグマがフルサイズFoveonセンサー搭載ミラーレス製品化計画について一旦リセット。
SIGMA シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」
SIGMA シグマのソニーフルサイズEマウント用FEレンズ「70-200mm F2.8」は、2020年初頭に発表される!?

SIGMA, Sony, TAMRON」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+