• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノンの9000万画素「EOS R5s」に対抗し、ソニーが1億200万画素の「α7R V」を発売する!?キヤノンの9000万画素「EOS R5s」に対抗し、ソニーが1億200万画素の「α7R V」を発売する!?(2549views)
  2. ソニーの新製品の噂まとめ【2020年12月】「α9 III」「α7 IV」「新型RX」「FE 35mm F1.4 GM」「FE 16mm F1.8 GM」など。ソニーの新製品の噂まとめ【2020年12月】「α9 III」「α7 IV」「新型RX」「FE 35mm F1.4 GM」「FE 16mm F1.8 GM」など。(2309views)
  3. キヤノンのRFマウントAPS-C機「EOS R7」のスペック情報!?8~9月に登場する!?キヤノンのRFマウントAPS-C機「EOS R7」のスペック情報!?8~9月に登場する!?(2181views)
  4. ヨドバシカメラWeb福袋(夢のお年玉箱)2021。デジカメ関連の中身まとめ。ヨドバシカメラWeb福袋(夢のお年玉箱)2021。デジカメ関連の中身まとめ。(2049views)
  5. ソニーが登録している3台の未発表カメラと1本のレンズ、1つのマイクが、もうすぐ発表される!?ソニーが登録している3台の未発表カメラと1本のレンズ、1つのマイクが、もうすぐ発表される!?(1948views)
  6. ビックカメラが約200万円の「フラッグシップ一眼レフカメラセット」を5セット限定で1月1日に発売。総額242万円相当の模様。ビックカメラが約200万円の「フラッグシップ一眼レフカメラセット」を5セット限定で1月1日に発売。総額242万円相当の模様。(1921views)
  7. キヤノンから2021年に8台の新しいカメラが登場する!?EOS Rの9000万画素機やフラッグシップ機「EOS R1」、RFマウントAPS-C機やEOS RPより安いエントリーフルサイズミラーレス機など!?キヤノンから2021年に8台の新しいカメラが登場する!?EOS Rの9000万画素機やフラッグシップ機「EOS R1」、RFマウントAPS-C機やEOS RPより安いエントリーフルサイズミラーレス機など!?(1891views)
  8. ヨドバシの12月上期のデジタル一眼販売ランキング。上位はキヤノン、ニコン、ソニーのフルサイズミラーレス三つ巴の混戦状態の模様。ヨドバシの12月上期のデジタル一眼販売ランキング。上位はキヤノン、ニコン、ソニーのフルサイズミラーレス三つ巴の混戦状態の模様。(1889views)
  9. ソニーの3台の新型カメラは1月下旬から2月下旬の間に発表される!?ソニーの3台の新型カメラは1月下旬から2月下旬の間に発表される!?(1598views)
  10. ソニーのCESでのEマウント新製品の発表は、旭化成の工場火災の影響で延期される!?ソニーのCESでのEマウント新製品の発表は、旭化成の工場火災の影響で延期される!?(1426views)

フルサイズならではの立体感と4240万画素による豊かな描写――ソニー 「α7R II」 (1/2) - ITmedia デジカメプラス

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1509/21/news024.html

ソニー α7R II レビュー

ITmedia デジカメプラスに、ソニー α7R II のレビューが掲載されています。


  • 約4240万画素の緻密感とローパスレス構造によるシャープさはとても魅力。色乗りも自然
  • 約4240万画素ともなると、わずかなピンぼけや手ブレも目立つようになってくる。
  • しかしα7R IIなら心配無用。しっかりとカメラをホールドしてシャッターを切れば、鮮明な写真を記録してくれる。
  • 今回α7R IIを借りている間、ずっと天気が悪く撮影に難儀した。
  • しかし曇天や雨天でのトーンがなかなか美しいことに気付いた。
  • 光量が少ない環境でも、よく効くボディ内5軸手ブレ補正機能のおかげで気持ちよく撮影することができた。
  • 高画素化を果たしながら高感度特性も向上。用途にもよるがISO1600~3200なら問題なく使用できるノイズ感。それ以下ではほぼ無問題だ。
  • 単焦点レンズとの組み合わせは至福。キレのある描写と高画素による連続感のあるボケを味わえる。
  • α7R IIの魅力を最大に引き出すには、やはり高性能な単焦点レンズが必須。
  • いいレンズはモデルの柔らかい肌の質感、細かい髪の毛の立体感を写し出してくれる。また上質なボケ味も魅力。
  • 高感度特性も向上。F値が明るくない高倍率ズームレンズでも対応できる懐の広さがα7R IIの魅力。
  • 単焦点レンズ + 高倍率ズームの組み合わせで旅に出るのもよさそう。
  • 雰囲気を的確に表現してくれるオートホワイトバランスも好印象。
  • フルサイズならではの立体感と高画素による豊かな描写がα7R IIの魅力。
  • いいレンズと組み合わせれば美しい写真を手にすることができるに違いない。

とのこと



SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2



各所のレビューでもかなり評価の高いα7R IIですが、こちらのレビューでも評価は高いようですね。Distagon T* FE 35mm F1.4 ZAの写りは値の張る大口径単焦点だけあって素晴らしいんですが、FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS 24mmも観賞用に縮小で見るなら結構良い感じですね。まあ、等倍で見るとアレですけどね。何気にいくつかVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSSの作例が混ざってるんですが、なぜフルサイズじゃなくてAPS-C用レンズで撮ったんだろうか…。しかしクロップされても1800万画素あるので十分使えるサイズですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+