• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

価格.com - ニコン、1.4倍テレコン内蔵の超望遠レンズ「NIKKOR Z 600mm f/4 TC VR S」

https://news.kakaku.com/prdnews/cd=camera/ctcd=1050/id=124505/

NIKKOR Z 600mm f/4 TC VR S

価格.comに、ニコンの1.4倍テレコン内蔵「NIKKOR Z 600mm f/4 TC VR S」正式発表のニュースが掲載されています。


  • ニコンはZマウントのフルサイズ対応大口径超望遠単焦点レンズ「NIKKOR Z 600mm f/4 TC VR S」を発表。
  • 受注販売品として、11月4日10時より注文受付を開始、11月25日より発売予定。
  • 究極の光学性能を追求する「S-Line」に属する超望遠レンズ。
  • 焦点距離を1.4倍に拡大するテレコンバーターを内蔵。
  • 1本で600mmと840mmの焦点距離に対応する。
  • 本体重量は約3260gで、テレコンバーター内蔵ながらも「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」(2015年7月発売)と比較し、約550gの軽量化を実現。
  • 全長約437mmで、同社は「国際線の飛行機に手荷物として機内持ち込みができるサイズ」と紹介。
  • 光学系にはEDレンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚、蛍石レンズ2枚、SRレンズ2枚を使用。
  • 内蔵テレコンバーター使用時はEDレンズ3枚、SRレンズ2枚、非使用時はEDレンズ2枚、SRレンズ1枚となる。
  • 絞り開放から画像周辺部まで高い解像感が得られ、内蔵テレコンバーター使用時でもすぐれた描写性能を実現。
  • NIKKORレンズ史上最高の反射防止効果を持つ「メソアモルファスコート」を採用。
  • 「ナノクリスタルコート」との相乗効果でゴーストやフレアを大幅に低減。
  • AF駆動用モーター、「シルキースウィフトVCM(ボイスコイルモーター)」を搭載。
  • 「NORMAL」モードおよび35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したミラーレスカメラ使用時では、手ブレ補正効果5.0段(CIPA規格準拠)を実現。
  • ミラーレスカメラ「Z 9」との組み合わせでは「シンクロVR」の適用により、手ブレ補正効果5.5段(CIPA規格準拠。内蔵テレコンバーター非使用)を実現。
  • 主な仕様、焦点距離が内蔵テレコンバーター非使用時600mm/使用時840mm、最大口径比が内蔵テレコンバーター非使用時1:4/使用時1:5.6、レンズ構成が20群26枚(うち、内蔵テレコンバーター4群7枚、EDレンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚、蛍石レンズ2枚、SRレンズ2枚、メソアモルファスコートあり、ナノクリスタルコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)。
  • 画角、撮像範囲FXが内蔵テレコンバーター非使用時4度10分/使用時3度、撮像範囲DXが内蔵テレコンバーター非使用時2度40分/使用時2度。
  • 本体サイズは約165(最大径)×437mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)、重量は約3260g。
  • 価格243万2,100円。

→NIKKOR Z 600mm f/4 TC VR S - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

とのこと



VILTROX AF 35mm F1.8 STM Nikon Zマウント フルサイズ フルフレーム オートフォーカス 広角 単焦点 ニコンZレンズ Zマウント交換レンズ Z5 Z6 Z6ii Z7 Z7iiなどに適用



キヤノンが「EOS R6 Mark II」と「RF135mm F1.8 L IS USM」を発表する中、ニコンも噂通りに「NIKKOR Z 600mm f/4 TC VR S」を発表してきましたね。これでZマウントの望遠単焦点も400、600、800と充実してきましたね。しかも今回のレンズはテレコン内蔵でありつつ小型軽量なのが素晴らしいです。まあ、その分価格も大変なことになってますけどね。そして、ニコンの年内の製品発表はこの後も何かあるんですかね。「Z 8」とか噂にはあがってましたが、どうなんだろうか。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+