• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(10872views)
  2. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(10537views)
  3. キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?(10441views)
  4. キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?(9314views)
  5. ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?(8402views)
  6. キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。(8160views)
  7. ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。(7329views)
  8. 東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。(7069views)
  9. キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?(6157views)
  10. 2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?(5755views)

Nikon | ニュース | 報道資料:ニコンFXフォーマット対応の望遠ズームレンズ「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」を発売

http://www.nikon.co.jp/news/2017/0711_nikkor_01.htm

ニコン「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」

ニコンが、FXフォーマット望遠ズームレンズ「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」を発売。


  • 「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」は、約4.3倍の望遠ズームレンズ。
  • ステッピングモーターの採用により、高速かつ静粛で滑らかなAF駆動を実現。
  • 動画撮影時などレンズの駆動音が気になる場面でも、快適なAFが可能。
  • 手ブレ補正効果4.5段のVR機構を搭載。
  • VRモードには、主に超望遠レンズに採用している[SPORT]モードも採用。
  • 質量約680gの軽量設計。携行性に優れ、手持ちで軽快に望遠撮影が行える。
  • 防塵・防滴に配慮した設計。
  • 滑らかに回転するフォーカスリング、ズームリングでスムーズな操作感を実現。
  • ユーザーが快適に撮影できるよう、使いやすさにもこだわった。

主な特長

  • 高倍率の望遠撮影が楽しめる70-300mmの焦点距離。
  • ステッピングモーター採用、高速かつ静かでスムーズなAF駆動を実現。
  • 動画撮影時など、レンズの駆動音が気になる場面でも快適なAFが可能。
  • CIPA規格準拠で4.5段([NORMAL]モード時)の高い手ブレ補正効果。
  • VR機構には、[NORMAL]モードと[SPORT]モード搭載
  • 防塵・防滴に配慮した設計
  • EDレンズの採用で色収差を抑え、高い光学性能を達成
  • 滑らかに回転するフォーカスリング、ズームリングで心地よい操作感を実現
  • クローズアップ撮影も楽しめる、最短撮影距離1.2mと最大撮影倍率0.25倍を実現
  • 安定した露出制御が可能な電磁絞り機構採用

主な仕様

  • 焦点距離:70mm-300mm
  • 最大絞り:焦点距離70mm時f/ 4.5/焦点距離300mm時f/ 5.6
  • レンズ構成:14群18枚(EDレンズ1枚)
  • 画角:34°20′-8°10′(DXフォーマット時22°50′-5°20′)
  • 寸法:約80.5mm(最大径)×146mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
  • 質量:約680g

発売概要

  • 商品名:「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」
  • 希望小売価格:¥94,000(税別)
  • 発売時期:2017年7月28日予定

→AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR - 概要 | レンズ | ニコンイメージング

とのこと



Nikon 望遠ズームレンズ AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR フルサイズ対応



リーク情報通りに「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」が登場しましたね。現行機の「AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED」とサイズはほぼ変わらず、手ブレ補正も強化され、65g軽くなったのは良いですね。なお、GタイプのAF-Pレンズは結構使えない機種が多かったですが、今回のEタイプのAF-Pレンズの場合は、制限はあるものの使える機種がかなり増えているようですね。D800シリーズなど該当カメラのユーザーで、このレンズに興味のある方には朗報ですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+