• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

1923年の試作ライカが約20億円で落札。カメラの世界最高額 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1416445.html

LEICA 0型 (ヌル・ライカ)が、カメラ世界最高額の約20億円で落札された模様。

デジカメ Watchに、第40回「ライツ・フォトグラフィカ・オークション」での約20億で落札されたLEICA 0型の話が掲載されています。


  • 6月11日ドイツ・ウェッツラーの第40回「ライツ・フォトグラフィカ・オークション」で「Leica 0-Series no.105 'Oscar Barnack'」がカメラとして世界最高額の1,440万ユーロ(手数料込み)で落札。
  • 開始価格は100万ユーロ。予想落札価格の200~300万ユーロを大きく上回る結果。
  • Leica 0-Seriesは、ライカが1925年に市販される前の市場テストに用いられた工場試作機、1923年に約23台製造されたと言われている。
  • ドイツ語のヌル・ゼーリエから転じて、日本では「ヌル・ライカ」や「0型ライカ」などと呼ばれてきた。
  • 今回落札されたシリアルNo.105は、その約23台のうちの1台。
  • ライカの発明者であるオスカー・バルナック個人のカメラで、ファインダー上部にOscar Barnackと刻印されているのが特徴。
  • バルナック本人はこのカメラを1930年まで使用していたが、レンズ交換式のC型を使うようになり息子に譲った。
  • その後は家族が所有し(オスカー・バルナックは1936年没)、1960年に米国の熱烈なコレクターへ販売されたという。

→Leitz Photographica Auction

とのこと



Leica X1 12.2MP APS-C CMOS



過去には2~3億で落札されていた0型ライカですが、今回は20億円というトンデモナイ価格で落札されましたね。やはり、「ライカ発明者オスカー・バルナック個人のカメラで、ファインダー上部にOscar Barnackと刻印されている」のがポイントですかね。それにしても20億は凄いですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+