• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

4,000万画素になった「ライカM10モノクローム」 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1229949.html

ライカM10モノクローム

デジカメ Watchに、ライカの「ライカM10モノクローム」正式発表のニュースが掲載されています。


  • ライカは、モノクロ撮影専用のレンジファインダーカメラ「ライカM10モノクローム」を1月25日に発売。
  • 価格税別105万円。仕上げブラッククローム。
  • 2012年「ライカMモノクローム」、2015年「ライカMモノクローム(Typ246)」に続く3代目のモノクロ専用機。
  • 新開発の約4,000万画素モノクロCMOSセンサーを採用。感度ISO160-100000。
  • 従来のライカMモノクローム(Typ246)は有効約2,400万画素で、ISO 320が最低感度。
  • 画像処理エンジンMAESTRO II。
  • 連写速度約4.5コマ/秒。連続撮影可能枚数10枚(バッファメモリー2GB)。
  • 最高シャッター速度1/4,000秒。最長露光時間16分。
  • そのほかの仕様は「ライカM10-P」がベースになっていると見られる。
  • フィルムM型ライカのように薄い本体、0.73倍ファインダー、巻き戻しノブの位置に置かれた感度ダイヤル、
  • 歴代M型ライカで最も静かというシャッター音などの特徴を継承。
  • 「Leica FOTOS」アプリと連携するWi-Fi機能も備える。
  • 外観では、本体前面のレンズ取り外しボタンや上面のレリーズボタンをブラックに変更。
  • ダイヤル類の刻印も、通常赤のシャッター速度「A」ポジションなどをホワイトやグレーで統一。
  • 背面モニター3.0型約104万ドットのタッチパネル式。
  • 別売のGPS内蔵EVF「ビゾフレックス(Typ020)」に対応。
  • ボディ素材マグネシウム合金ダイキャスト。トップカバーとベースプレートは真鍮製。
  • 外形寸法は約139×80×38.5mm、重量は約660g(バッテリー含む)。いずれもライカM10-Pと同じ。

→ライカM10モノクローム // ライカMシステム // フォトグラフィー - Leica Camera AG

とのこと





リークされていた「ライカM10モノクローム」が、正式発表されましたね。噂通りに4000万画素の高画素モノクロセンサーで、高感度性能はISO160-100000となっています。価格は105万と先代のライカMモノクロームが113万だったので安くなってますが、それでも100万超えなので、ちょっと手が出ないですよね。でも、一度使ってみたいですねえ。あとライカのモノクロ機は、「ライカQ2 モノクローム」の噂が上がっています。こちらはどうなるんですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+