• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

The Upcoming $500 (kit price) GF Zoom Lens is Going to Fix the True Anomaly in the GFX system - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/the-upcoming-500-gf-zoom-lens-is-going-to-fix-the-true-anomaly-in-the-gfx-system/

最も手頃な価格のズームレンズは「GF35-70mm」になる!?キット販売だと500ドル程度!?

Fuji Rumorsに、噂の安価なGFズームレンズ登場によるGFXシリーズへの影響についての考察が掲載されています。


  • ある仏教僧の言葉を読んだことがある。
  • 「あまりにもきれいな水には魚がいない」 。
  • 明らかに仏教僧は人生のことを言っていた。
  • 完璧で純粋な人生を装っても、完全に生きることはできない。
  • 完全に生きるのであれば、人生には「汚れ」や「完璧ではない」こともあるだろう。
  • これが写真と何の関係があるのか?
  • では、この知恵を、カメラ機材というもっと卑近な対象に当てはめてみよう。
  • そして「完璧すぎるシステムには顧客がいない」としてみよう。
  • そして「顧客」こそが、システムを存続させるものだ。。
  • さて、本稿の要点に移る。
  • 先日紹介したZPの制作ビデオによると、富士フイルムが数年前にGFXシステムを立ち上げたときは、完璧なレンズを備えていたという。
  • しかし、最新のレンズのリリース (GF80mmF1.7) で、富士フイルムはその完成度を少し犠牲にして、より完成度が低く、より小さく、より手頃な価格のレンズをリリースしたことに彼は気づいた。
  • 彼はGF110mmF2とGF80mmF1.7を比較している。前者は富士の完璧さを表現したもので、後者は優れているが、GF110mmF2ほど完璧ではない。
  • ZPの主張は理解できるが、富士フィルムが完璧さを放棄しているのではないかという彼の懸念を共有することはできない。
  • 実際、GFレンズの最大の欠点は、富士フイルムが完璧主義だったことだと思っている。
  • しかし、GFXシステムが生き残るためには、完全に完璧なレンズだけでなく、より小さく、軽く、より手頃な価格のレンズを提供する必要がある。
  • このバランスが、GFXシステムの成功を保証する。

  • 次の500ドルのGFズームレンズ (キット価格) は、素晴らしい動きであると私は完全に確信している。
  • 小型、軽量、低速、低価格ですが、1億2000万画素以上の解像度を維持しながら、カジュアルな撮影や旅行の写真に最適だ。
  • 500ドルのGFズームと、新しい手ごろな価格のGFボディとの組み合わせは、非常に多くの新しい顧客をこのシステムにもたらす可能性を秘めており、GFXシステム全体としては、それから莫大な利益を得るだろう、
  • そして富士フイルムは、「完璧な」レンズとハイエンドボディをより多く開発するために、より多くのリソースを得ることができる。
  • だからこそ、私は富士フイルムの動きを全面的に支持しているし、率直に言って、新しいズームも買いたくなる。
  • 明るいところでは、新しいGFズームは素晴らしい性能を発揮するだろう。
  • また、私のように、太陽が沈んだらカメラを三脚に固定してISO感度を上げて風景写真を撮るような人には、暗いレンズであっても問題ないだろう。
  • 私は低照度下で手持ちの風景写真を撮ることはほとんどない。
  • 富士フイルムがGFX海域で泳ぐ魚の数を増やそうとするなら、光学的に100%完璧で純粋なシステムを構築して天文学的なスペックを持たせるという誇らしい目標は諦めなければならない。

とのこと



FUJIFILM フジノン GFレンズ GF110MMF2 R LM WR



現在噂に上がっているGFXシリーズ中で最も低価格になるという「GFX 50S MKII」レンズキットでの価格が500ドルになるという「GF35-70mm」が登場したら、中判ミラーレスのGFXシリーズが身近になってきますよね。フルサイズミラーレスのハイエンド機は40万超えで、ソニーのフラッグシップ機「α1」なんかは約90万するので、ボディの価格差は無くなってきてるんで、やはり後はエントリークラスのレンズライナップが肝ですかね。性能抑えて10万以下のGFレンズが増えたらGFXシリーズもユーザー増えそうな気はしますよね。あとは、MFでも良いのでサードパーティーから安価なレンズとかの登場にも期待したいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

GF35-70mmF4.5-5.6 富士フイルムの新しいGFX用ズームレンズ「GF35-70mmF4.5-5.6」には、光学式手ぶれ補正は搭載されない!?
グーグルで「FUJIFILM」や「Nikon」をラテン語翻訳すると「Canon」になる模様。 グーグルで「FUJIFILM」や「Nikon」をラテン語翻訳すると「Canon」になる模様。
GF35-70mmF4.5-5.6 富士フイルムの新しいGFX用ズームレンズ「GF35-70mmF4.5-5.6」は、「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」と同じような沈胴式レンズになる!?
GF35-70mmF4.5-5.6 富士フイルムの新しいGFX用ズームレンズ「GF35-70mmF4.5-5.6」には、絞りリングが搭載されない!?
TAMRON 18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD(Model B061) タムロンが富士フイルムXマウント用レンズを開発発表。ソニーEマウント用と富士フイルムXマウント用のAPS-Cレンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」(Model B061)。
GFX 50S MKII 富士フイルム「GFX 50S MKII」は、9月に登場する!?
NOKTON 35mm F1.2 コシナが富士フイルムXマウント用フォクトレンダー「NOKTON 35mm F1.2」正式発表。
フォクトレンダー「NOKTON 35mm F1.2 X-mount」 富士フイルムXマウント用フォクトレンダー「NOKTON 35mm F1.2 X-mount」のリーク画像が登場。価格は税込76,800円の模様。
フォクトレンダー コシナから富士フイルムXマウント用フォクトレンダー 「NOKTON 35mm F1.2」が近日中に登場する模様。
GF35-70mmF4.5-5.6 GFXシリーズの最も手頃な価格のズームレンズは「GF35-70mmF4.5-5.6」になる!?
富士フイルム 富士フイルム社長が、フィルムやカメラの事業はやめないと明言した模様。
トキナーがレンズロードマップを更新。2021年中に7本のレンズを発売する模様。 トキナーがレンズロードマップを更新。2021年中に7本のレンズを発売する模様。

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+