• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

富士フイルム、ボディ内手ブレ補正を搭載した「X-T4」 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1237058.html

富士フイルム「X-T4」

デジカメ Watchに、富士フイルム「X-T4」正式発表のニュースが掲載されています。


  • 富士フイルムは2月26日、Xマウント採用のミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T4」を発表。
  • シルバーとブラックの2色展開、発売日は4月の予定。
  • 価格はオープン。店頭予想価格はボディ単体が税別20万4,500円前後。
  • レンズキット(キットレンズはXF16-80mmF4 R OIS WR)税別26万4,500円前後の見込み。
  • X-Tシリーズとして初となるボディ内手ブレ補正機構を搭載。
  • バネを使わずに磁力を駆使した新構造で、X-H1から、さらに機能を向上。
  • シャッターの微振動を抑制する衝撃吸収機構とともに、その効果は最大で約6.5段。
  • センサーは前モデルX-T3と同じく有効約2610万画素のX-Trans CMOS 4搭載。
  • 画像処理エンジンX-Processor 4を組み合わせている。
  • X-T4ではシャッターユニット刷新が図られておりメカシャッター約15コマ/秒連写を実現。
  • 約0.035秒レリーズタイムラグで高い応答性を誇るとしている。
  • シャッター耐久性は30万回に向上、静音動作も実現。
  • AFアルゴリズム改善、最速約0.02秒の合焦速度を実現。顔・瞳AFの追従性能も向上。
  • シャッター速度ダイヤルと同軸に静止画/動画切り替えスイッチが設けられた。
  • 他のハード面の変更点は、バッテリーが大容量のものに刷新。
  • 新たに「NP-W235」が採用、撮影可能枚数は標準モードで約500枚。
  • 従来のブースト / ノーマルモードに加え、新たにLCDのフレームレートを低下させ、またオートパワーセーブをONにすることで撮影枚数を向上させる省電力モード「エコノミーモード」が追加された。
  • このモードでは撮影可能枚数が約600枚に。
  • バッテリーグリップ「VG-XT4」併用時、本体内バッテリーとあわせて最大1,700枚の連続撮影が可能に。
  • フィルムシミュレーションは「銀残し」を再現し「ETERNAブリーチバイパス」モード追加。
  • 彩度を低く抑えながらもコントラストの高い、重厚感のある表現が可能に。
  • オートホワイトバランスでは既存の「AUTO」に加えて「ホワイト優先」、「雰囲気優先」機能が追加。
  • ホワイト優先では、白熱電球下で白色が再現されやすくなる。
  • 雰囲気優先では、より温かみのある雰囲気を出すことができる。
  • 動画面では、電子式の手ブレ補正機能を搭載。
  • フルHD・240P動画撮影が可能、撮影した動画を最大10倍のスローモーション映像として再生可能。

富士フイルム「X-T4」



→ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T4」新発売 | 富士フイルム [日本]

→X-T4 Countdown | 富士フイルム Xシリーズ & GFX

とのこと



FUJIFILM X-T4 Promotional Video / FUJIFILM



X-T4がついに発表されましたね。リークされていた情報通りのスペックでの登場となりました。ついにX-Tシリーズにボディ内手ブレ補正が搭載されましたね。バッテリーもついに大容量の新型「NP-W235」になりました。色々と感慨深いですね。それはそれとしても、スペック見る限り、かなり完成度の高いカメラに仕上がってそうですよね。背面液晶のバリアングル化には賛否両論あるかもですが、「X-T4」良さそうですね。これは早く実機を触ってみたいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+