• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

交換レンズでソニーが初めて年間シェアNo.1を獲得、ミラーレス化の進展で - BCN+R

https://www.bcnretail.com/market/detail/20230122_313124.html


「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップの実売データを集計するBCNが、そのデータをもとに部門ごとの年間(1月1日~12月31日)販売数累計第1位のメーカーを表彰する制度。


  • 終息モードに入った一眼レフカメラとともに、一眼レフ用レンズの販売本数前年比は21年に78.3%、22年には77.1%と縮小が続いている。
  • 一方で、ミラーレス一眼用レンズは、21年でも111.4%と2桁増を記録したのに加え、22年は121.4%とさらに拡大。
  • こうした市場構造の変化はメーカーシェアにも影響。
  • これまではキヤノンが13年連続で年間トップシェアを守り続けてきた。
  • しかし、22年はソニーが年間シェア16.4%でトップの座を奪い、BCN AWARD 2023を受賞。

交換レンズの主要メーカー別 販売本数シェア2022年(%)

  • 1 ソニー:16.4%
  • 2 キヤノン:15.9%
  • 3 シグマ:14.5%
  • 4 タムロン:14.3%
  • 5 ニコン:13.0%
  • 6 OMデジタル:8.2%
  • 7 富士フイルム:5.9%
  • 8 パナソニック:4.8%
  • 9 リコーイメージング:2.9%
  • その他:4.2%

→BCN AWARD 2023 | カメラアクセサリ

とのこと



ソニー / 広角単焦点レンズ / フルサイズ / FE 24mm F2.8 G / Gレンズ / デジタル一眼カメラα[Eマウント]用 純正レンズ / SEL24F28G



BCNの年間販売数ランキングですが、ミラーレス一眼ではソニーからキヤノンがトップを奪ったんですが、交換レンズでは逆にソニーがキヤノンからトップを奪ったようですね。しかも13年連続トップだったキヤノンから奪ったのは大きいですね。カメラボディと違って、レンズの方は一眼レフとミラーレスを一緒に集計してるので、ミラーレスの比重がそれだけ増えてきたってことですが、キヤノンもミラーレスのカメラボディでトップを取ったわけなんで、今後の戦いは熾烈を極めそうですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon, FUJIFILM, Nikon, OLYMPUS, Panasonic, PENTAX, RICOH, SIGMA, Sony, TAMRON」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+