• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?(8938views)
  2. キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?(7991views)
  3. キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?(6709views)
  4. キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?(5639views)
  5. シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」(4916views)
  6. 富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?(4846views)
  7. キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?(4697views)
  8. キヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10などキヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10など(3985views)
  9. ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?(3938views)
  10. キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?(3880views)

SamyangがAF 14mm EFを発表 - EFマウント用オートフォーカス対応レンズ | cinema5D

https://www.cinema5d.jp/samyang-af-14mm-ef-autofocus-lens-canon/

サムヤンがEFマウント用AFレンズ「AF 14mm F2.8 EF」を発表。

cinema5Dに、サムヤンのキヤノンEFマウント用のオートフォーカスレンズ「AF 14mm F2.8 EF」が紹介されています。


  • Samyangは同社初のキヤノンEFマウント用オートフォーカスレンズAF 14mm F2.8 EFを発表。
  • この広角レンズは、同社のオートフォーカス技術を使用して開発されており、フルサイズとAPS-Cに対応。
  • Eマウントにはフランジバックが短いため、対応していない。
  • これはフルサイズなので、キヤノン5Dなどでは14mm、APS-Cカメラでは約22mm。
  • 防塵防滴も採用。
  • 画質に関しては、従来の同社のオートフォーカスレンズと変わりない。
  • 赤い線の入ったフォーカスリングは広い回転範囲を持ち、正確なフォーカシング可能。
  • 同社のEマウントオートフォーカスレンズとの違いは、オートフォーカスOn/Offスイッチ。
  • 同社の他の広角レンズもそうだが、AF 14mm f / 2.8 EFの花形フードは取り外しできない。
  • フィルター用のネジ溝も切られていない
  • 10群15枚のレンズ、7枚の特殊光学レンズを使用。
  • 2枚の非球面レンズ、4枚の高屈折レンズ、1枚の超低分散レンズを使用し、歪みやさまざまな収差を最小限に抑え、クリアな解像度を実現
  • このレンズは従来のマニュアルフォーカス14mmを多少再構成して作成されている。
  • 従来のワイドアングルは微妙な歪みがあったが、このレンズでは改善されていることが望まれる

主な仕様

  • 絞り範囲:F2.8-22
  • マウント:キヤノンEF
  • 構成: 10群15枚
  • コーティング:UMC
  • MFD:0.20m
  • 倍率:x0.15
  • フィルター:なし
  • 絞り羽羽根:7枚
  • センサーサイズ:フルフレーム/ APS-C
  • 長さ:95.6mm
  • 重量:485g
  • 2018年2月発売予定で、価格は約699ユーロの予定。

とのこと



SAMYANG 単焦点広角レンズ AF 14mm F2.8 ソニー αE用 オートフォーカス対応 フルサイズ対応



最近はフルサイズEマウント用のオートフォーカスFEレンズを連続して出していたサムヤンですが、こんどはEFマウントのオートフォーカスレンズを出してきましたね。キヤノンの「EF14mm F2.8L II USM」は、希望小売価格30万で実売でも20万は超えてるので、AF 14mm F2.8 EFは同スペックながら相当な低価格ですね。もし、これで写りも良ければ、いままでEF14mm F2.8Lが欲しくても手が届かなかったユーザーには嬉しいレンズになりますね。あとはAF性能とかも気になる所ではありますね。各所でのレビューに期待ですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

canon キヤノン キヤノンのネットワーク経由でカメラが攻撃を受ける脆弱性への対応がl全機種完了した模様。
SELPHY SQUARE QX10 キヤノンがコンパクトフォトプリンター「SELPHY SQUARE QX10」を正式発表。
EOS Kiss X10i キヤノンが「EOS Kiss X10i」を正式発表。
RF24-105mm F4-7.1 IS STM キヤノンがRFマウント用レンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を正式発表。
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM キヤノンがRFマウント用レンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」と「エクステンダー RF1.4×」「エクステンダー RF2×」を開発発表。2020年中に9本のRFマウントレンズを発売予定。
キヤノン「EOS R5」 キヤノンが「EOS R5」を開発発表。噂通りにボディ内手ブレ補正搭載で、電子20コマ/秒、メカ12コマ/秒、8K動画対応だった模様。
キヤノン「EOS R5」 キヤノン「EOS R5」の画像リーク。スペック情報のリークも。ボディ内手ブレ補正搭載で電子20コマ/秒、メカ12コマ/秒、8K動画に対応!?
RFレンズ キヤノンがRFマウント用パンケーキズームを開発中!?「RF20-50mm F4-5.6 IS STM」!?
RF24-105mm F4-7.1 IS STM キヤノンが発表するレンズは「RF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」ではなく「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」だった模様。
EOS R6 キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?
EOS Kiss X10i キヤノンの新製品「EOS Kiss X10i」「RF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」「QX10」のリーク画像
EOS R3 キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+