• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

SamyangがAF 14mm EFを発表 - EFマウント用オートフォーカス対応レンズ | cinema5D

https://www.cinema5d.jp/samyang-af-14mm-ef-autofocus-lens-canon/

サムヤンがEFマウント用AFレンズ「AF 14mm F2.8 EF」を発表。

cinema5Dに、サムヤンのキヤノンEFマウント用のオートフォーカスレンズ「AF 14mm F2.8 EF」が紹介されています。


  • Samyangは同社初のキヤノンEFマウント用オートフォーカスレンズAF 14mm F2.8 EFを発表。
  • この広角レンズは、同社のオートフォーカス技術を使用して開発されており、フルサイズとAPS-Cに対応。
  • Eマウントにはフランジバックが短いため、対応していない。
  • これはフルサイズなので、キヤノン5Dなどでは14mm、APS-Cカメラでは約22mm。
  • 防塵防滴も採用。
  • 画質に関しては、従来の同社のオートフォーカスレンズと変わりない。
  • 赤い線の入ったフォーカスリングは広い回転範囲を持ち、正確なフォーカシング可能。
  • 同社のEマウントオートフォーカスレンズとの違いは、オートフォーカスOn/Offスイッチ。
  • 同社の他の広角レンズもそうだが、AF 14mm f / 2.8 EFの花形フードは取り外しできない。
  • フィルター用のネジ溝も切られていない
  • 10群15枚のレンズ、7枚の特殊光学レンズを使用。
  • 2枚の非球面レンズ、4枚の高屈折レンズ、1枚の超低分散レンズを使用し、歪みやさまざまな収差を最小限に抑え、クリアな解像度を実現
  • このレンズは従来のマニュアルフォーカス14mmを多少再構成して作成されている。
  • 従来のワイドアングルは微妙な歪みがあったが、このレンズでは改善されていることが望まれる

主な仕様

  • 絞り範囲:F2.8-22
  • マウント:キヤノンEF
  • 構成: 10群15枚
  • コーティング:UMC
  • MFD:0.20m
  • 倍率:x0.15
  • フィルター:なし
  • 絞り羽羽根:7枚
  • センサーサイズ:フルフレーム/ APS-C
  • 長さ:95.6mm
  • 重量:485g
  • 2018年2月発売予定で、価格は約699ユーロの予定。

とのこと



SAMYANG 単焦点広角レンズ AF 14mm F2.8 ソニー αE用 オートフォーカス対応 フルサイズ対応



最近はフルサイズEマウント用のオートフォーカスFEレンズを連続して出していたサムヤンですが、こんどはEFマウントのオートフォーカスレンズを出してきましたね。キヤノンの「EF14mm F2.8L II USM」は、希望小売価格30万で実売でも20万は超えてるので、AF 14mm F2.8 EFは同スペックながら相当な低価格ですね。もし、これで写りも良ければ、いままでEF14mm F2.8Lが欲しくても手が届かなかったユーザーには嬉しいレンズになりますね。あとはAF性能とかも気になる所ではありますね。各所でのレビューに期待ですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

キヤノンEOS Rが、DxOMarkのセンサースコアに登場。EOS 5D Mark IVとほぼ同等。ソニーα7 IIIやニコン Z 6より若干下の模様。 キヤノンEOS Rが、DxOMarkのセンサースコアに登場。EOS 5D Mark IVとほぼ同等。ソニーα7 IIIやニコン Z 6より若干下の模様。
canon キヤノン キヤノンがEOS Kiss X9後継機を近日中に発表する模様。
タムロン タムロンがRFマウントとZマウントのレンズ開発を検討している模様。ニコンからはZ7の上位機の登場の可能性が高い模様。
キヤノン インスタントカメラ「ZV-123」 キヤノンからフォトプリンタ内蔵のインスタントカメラ「ZV-123」が登場する模様。
キヤノン EF10mm F2.8 USM キヤノンがフルサイズ用レンズ「EF10mm F2.8」を開発中!?
canon キヤノン キヤノンはEOS Rのボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正を検討中。ユーザーが求めるならEF-Mマウントをこのまま続ける模様。
EOS-1D X Mark III キヤノンEOS-1D X Mark IIIは2019年末から2020年6月の間に登場する!?プロ向けEOS Rシリーズはその後に登場する!?
EOS R キヤノンから次に登場するEOS Rは、7000万画素以上でボディ内手ブレ補正を搭載する!?
RF135mm F1.4L USM キヤノンがEOS R用レンズ「RF135mm F1.4L USM」と「RF135mm F1.8L USM」を開発中!?2020年に登場!?
RF14-21mm F1.4L USM キヤノンから来年「RF14-21mm F1.4L USM」が登場する!?他にもクレイジーなスペックの単焦点レンズが登場!?
YONGNUO YN450 【CP+2019】1600万画素マイクロフォーサーズセンサーを搭載しEFマウントでレンズ交換式のAndroidスマホ型カメラ「YONGNUO YN450」がCP+2019に展示されていた模様。
canon キヤノン 【CP+2019】キヤノンがCP+2019で、5機種のコンセプトモデルを展示している模様。「ソトアソビカメラ」「Multifunctional Camera」「インテリジェントコンパクトカメラ」「Kids Mission Camera」「自由視点映像生成システム」

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+