• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Canon 測距点ごとにAF微調整する特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

http://egami.blog.so-net.ne.jp/2016-02-22

キヤノンがフォーカスポイントごとにAF微調整するシステムを開発中!?

エンジニアの嗜みさんに、キヤノンの測距点毎にAF微調整する特許の話が掲載。


  • キヤノンの特許申請は、測距点毎に自動でAF微調整してくれるもの。
  • 自動で微調整する特許は以前も出願しいる。
  • その後も何度か見掛けたが、今回は測距点毎に行うよう改良されたよう。
  • ピント誤差の原因の一つは収差。
  • 収差はズーム毎、距離毎に異なるので、シグマのUSB DockによるAF微調整は大変。
  • しかも収差は像高によっても異なる。
  • キヤノンの特許のように測距点毎にAF微調整しなければならないのだろう。
  • これからは新しいカメラやレンズを購入した後、メニューからキャリブレーションを選択してAF微調整させてから撮影するようになるのかもしれない。

とのこと



SIGMA USB DOCK キヤノン用 878542



シグマ「USB Dock」はレンズ側をキャリブレーションしますが、これはカメラ側のみで行えるって事ですよね。メーカーサービスセンターにカメラとレンズを持ち込んでチューニングしてもらうとAFが見違えるように良くなると聞いたりもしますが、これが搭載されたら自分で手軽にできて便利になりなりそうですねえ。まあでも、個人的には「USB Dock」みたく手間暇かけて細かくチューニングするにも嫌いじゃあないんですけどね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

キヤノン「EOS R5」 キヤノンは東京オリンピック前に「EOS R5」を投入する模様。「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」も。
キヤノンの未発表交換レンズ「3986C005」「3987C005」「4112C005」「4113C005」「4114C005」 キヤノンが未発表の交換レンズを海外認証機関に5本登録した模様。
canon キヤノン キヤノンの今後予想される新製品のまとめ【2020年2月】EOS R6、EOS R5s / EOS R3など。
canon キヤノン キヤノンのネットワーク経由でカメラが攻撃を受ける脆弱性への対応がl全機種完了した模様。
SELPHY SQUARE QX10 キヤノンがコンパクトフォトプリンター「SELPHY SQUARE QX10」を正式発表。
EOS Kiss X10i キヤノンが「EOS Kiss X10i」を正式発表。
RF24-105mm F4-7.1 IS STM キヤノンがRFマウント用レンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を正式発表。
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM キヤノンがRFマウント用レンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」と「エクステンダー RF1.4×」「エクステンダー RF2×」を開発発表。2020年中に9本のRFマウントレンズを発売予定。
キヤノン「EOS R5」 キヤノンが「EOS R5」を開発発表。噂通りにボディ内手ブレ補正搭載で、電子20コマ/秒、メカ12コマ/秒、8K動画対応だった模様。
キヤノン「EOS R5」 キヤノン「EOS R5」の画像リーク。スペック情報のリークも。ボディ内手ブレ補正搭載で電子20コマ/秒、メカ12コマ/秒、8K動画に対応!?
RFレンズ キヤノンがRFマウント用パンケーキズームを開発中!?「RF20-50mm F4-5.6 IS STM」!?
RF24-105mm F4-7.1 IS STM キヤノンが発表するレンズは「RF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」ではなく「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」だった模様。

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+