• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。(550views)
  2. ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?(320views)
  3. キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。(264views)
  4. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(123views)
  5. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(99views)
  6. 「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。(79views)
  7. キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?(78views)
  8. ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。(73views)
  9. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(57views)
  10. ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?(46views)

キヤノン:業績下方修正 中国など経済減速 12月期見通し - 毎日新聞

http://mainichi.jp/shimen/news/20151028ddm008020151000c.html

キヤノン 2015年12月期の連結業績予想を下方修正。デジカメ販売台数の縮小傾向が継続。

Reutersに、キヤノンの2015年12月期の連結業績予想を下方修正のニュースが掲載。


  • キヤノンは27日、2015年12月期の連結最終(当期)利益見通しを従来予想と比べて200億円減の2250億円に下方修正した。
  • 中国や東南アジア経済の減速や低迷で、コピー機やデジタルカメラなどの販売が想定を下回る見通しになった。
  • 想定為替レートを1ドル=125円から120円に見直したことも響いた。
  • 売上高も従来予想より1100億円少ない3兆8200億円に引き下げた。
  • レンズ交換式カメラの年間販売見通しは従来の580万台から550万台、
  • コンパクトカメラも700万台から650万台にそれぞれ下方修正した。

とのこと


UPDATE 1-キヤノン、通期業績予想を下方修正 中国アジアの景気減速で| Reuters

http://jp.reuters.com/article/2015/10/27/idJPL3N12R2HW20151027

キヤノン 2015年12月期の連結業績予想を下方修正。デジカメ販売台数の縮小傾向が継続。

Reutersに、キヤノンの2015年12月期の連結業績予想を下方修正のニュースが掲載。


  • デジカメの販売台数は縮小傾向が継続。
  • 通年の販売台数はレンズ交換式で3年連続、コンパクトカメラで5年連続の減少になる見込み。
  • 田中副社長は「かつてのようにデジカメ(販売台数)が2ケタ増になることは期待しない。業績の足を引っ張らない事業にする」と述べた。
  • 来期から始まる2016―2020年の5カ年計画に向けては、デジカメの落ち込みに対し、法人(BtoB)向け事業を強化する方針。
  • 今期から連結子会社化した監視カメラ大手のアクシス社は通年で売り上げ1000億円、利益率13―15%が確保できる事業として一段の成長を図る。
  • 半導体製造装置「ナノインプリント」も今期から出荷を開始。このほか、商業印刷機、映画向けカメラなどの強化を図っていく。

とのこと



BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.5(もしも、あなたが「CanonのCEO」「小米 CEO」ならばどうするか?) (ビジネス・ブレークスルー大学出版(NextPublishing))



デジカメは売り上げはどこも厳しそうな状況ですが、王者キヤノンも同じようですね。しかし「業績の足を引っ張らない事業」って表現は非常に悲しいですね…。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+