• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6586views)
  2. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(3379views)
  3. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2344views)
  4. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  5. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1478views)
  6. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(1049views)
  7. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(697views)
  9. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(680views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(644views)

新製品レビュー:HUAWEI Mate 20 Pro - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/1149655.html


デジカメ Watchに、「HUAWEI Mate 20 Pro」のレビューが掲載されています。


  • 中国Huaweiが発表したスマートフォン「HUAWEI Mate 20」シリーズ。
  • 超広角レンズを加えたトリプルカメラとして生まれ変わった。
  • Huaweiから試用機材として最上位モデル「HUAWEI Mate 20 Pro」が提供された。
  • 短期間ながら試用したファーストインプレッション。
  • カラーセンサーとモノクロセンサーの組み合わせがPシリーズとMateシリーズ共通の特徴だった。
  • ここにきてMateシリーズはこの組み合わせを変更。
  • Mate 20 Proは、メインとなる27mm相当広角レンズ・有効画素数4,000万画素カラーセンサー
  • 16mm相当・2,000万画素カラーセンサー、80mm相当・800万画素のカラーセンサーの3つ。
  • 解像感も高くモノクロセンサーなしでも一定レベルの画質を確保しているのは間違いないようだ。
  • デジタルのボケ処理でF0.95まで選べるワイドアパチャー機能も搭載。
  • さらにボケの形をコントロールする機能も搭載。「ハート型」、「渦巻き」
  • 「うろこ」は、大口径レンズの口径食をシミュレーションをしている感じだろうか。

とのこと



HUAWEI P20 Pro HW-01K docomo Midnight Blue



画面内に指紋センサー内蔵したりで話題のHUAWEI Mate 20 Proですが、なんとボケの形状をコントロールできるようですね。iPhone XSも深度コントロールでF1.4にするレモン型のボケになるとの話ですが、このMate 20 Proでは自分で複数の中からボケの形を選択可能になってるようです。「渦巻き」などは、ペッツバールやHeliosなどに見られるグルグルボケを再現しているようですし、「うろこ」も大口径レンズの口径食っぽくてイイ感じです。いやあ、Mate 20 Proいいですね。この機能の為だけでも欲しいかもです。でも、これらはソフトウェア処理でしょうからいずれP20などでも利用可能になる可能性もあるかもですね。元記事には「ハート型」「渦巻き」「うろこ」のボケ作例が掲載されているので、気になる方はご覧になって見てください。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+