• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

細部もクラシック仕上げの「ライカM10-R ブラックペイント」7月発売。118万円 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1333769.html

ライカM10-R ブラックペイント

デジカメ Watchに、ライカの高画素機「M10-R」のブラックペイント版「ライカM10-R ブラックペイント」発表のニュースが掲載されています。


  • ライカは「ライカM10-R ブラックペイント」を7月に発売。価格税込118万8,000円。
  • 約4,000万画素のイメージセンサーを搭載するレンジファインダーカメラ「ライカM10-R」に、2017年登場のライカM10シリーズで初となるブラックペイント仕上げを施した。
  • ダイヤルのローレット形状やトップカバーの刻印文字など、各部にクラシックライカの要素を散りばめた仕様。
  • 発売済みのライカM10-Rの価格は税込115万5,000円。
  • 本モデルのブラックペイントは、従来のブラックペイントと異なり、クラシックでより光沢感があるという仕上げ。
  • 表面仕上げの特性は現行製品のフィルムカメラ「ライカMP」と同様。
  • 使用に伴うペイントの剥がれが起こりやすいため、風合いが増し、一台一台に異なる個性が備わる。
  • トップカバーおよびベースプレートの素材は真鍮、通常モデルと同じ。
  • 外観での特徴は、ライカM10-Rと異なり“Leica”の赤バッジを省略、トップカバーにライカクラシックロゴを刻印している点。
  • ライカカメラ社がウェッツラーに移転した2014年以降のライカ製品には「LEICA CAMERA WETZLAR GERMANY」と刻印されている。
  • 本モデルでは“クラシカルな外観によくマッチする”という「ERNST LEITZ WETZLAR GERMANY」の表記を採用。
  • 各部ダイヤルのローレット形状も変更。
  • 現行の通常モデルでは平目ローレットとなっているシャッター速度ダイヤルとISO感度ダイヤルに、昔ながらの綾目ローレットを施している。
  • シャッターボタンの皿部分のみをシルバークロームで仕上げた点は、ライカM3やM4のブラックペイントモデルに因んだもの。

→ライカMシステム バリエーション // ライカMシステム // フォトグラフィー - Leica Camera AG

とのこと

【国内正規品】FUNLEADER CAPLENS 18mm f/8.0 M (ライカMマウント)(ブラック) FL188M (B)



噂に上がっていた「ライカM10-R ブラックペイント」が、正式発表されましたね。このツヤのあるブラックペイントはかなりカッコ良いですね。細かい部分をクラシックな仕様にこだわってるのもいいです。あとワザとペイントを剥がれやすくしてるっぽくて、使い込むと元記事にあるM3のような風合いが期待できそうですね。いやあ、これホントかっこ良いですね。まあ、おいそれと手を出せる価格ではなないですが、いつか手に入れてみたいもんですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+