• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「EOS R5 Mark II」は4500万画素を維持する!?さらに「EOS R5 Mark II」と「EOS R1」には史上初のAI機能が搭載される!?キヤノン「EOS R5 Mark II」は4500万画素を維持する!?さらに「EOS R5 Mark II」と「EOS R1」には史上初のAI機能が搭載される!?(570views)
  2. CP+2024でニコンから登場するのは、「Z 6III」「未知のカメラ」「NIKKOR Z 35mm f/1.2 S」「NIKKOR Z 28-400mm f/3.5-6.3」!?CP+2024でニコンから登場するのは、「Z 6III」「未知のカメラ」「NIKKOR Z 35mm f/1.2 S」「NIKKOR Z 28-400mm f/3.5-6.3」!?(230views)
  3. ソニー「FE 24-50mm F2.8 G」が正式発表。初代大三元G Masterに迫る性能の模様。ソニー「FE 24-50mm F2.8 G」が正式発表。初代大三元G Masterに迫る性能の模様。(195views)
  4. キヤノンはRFマウントレンズについてサードパーティーと深く話をしている模様。「キヤノンはRFマウントレンズについて、サードパーティのメーカーともいろんなコミュニケーションを取っている」「縛りというものはない」キヤノンはRFマウントレンズについてサードパーティーと深く話をしている模様。「キヤノンはRFマウントレンズについて、サードパーティのメーカーともいろんなコミュニケーションを取っている」「縛りというものはない」(153views)
  5. ニコン「Z6 III」の良いソースからの新たなスペック情報。ニコン「Z6 III」の良いソースからの新たなスペック情報。(133views)
  6. キヤノンが今年「EOS R7 Mark II」を発表する!?キヤノンが今年「EOS R7 Mark II」を発表する!?(123views)
  7. ソニーがCP+後に発表する「あっと言わせる」製品は、他のメーカーがやったことがなく、「α9 III」よりもはるかに幅広い関心を集め、新しいラインナップの最初の製品になる!?ソニーがCP+後に発表する「あっと言わせる」製品は、他のメーカーがやったことがなく、「α9 III」よりもはるかに幅広い関心を集め、新しいラインナップの最初の製品になる!?(94views)
  8. 富士フイルムが2024年前半に「X-T30 II」後継機を発表する!?富士フイルムが2024年前半に「X-T30 II」後継機を発表する!?(79views)
  9. 富士フイルム「X100VI」を正式発表。4020万画素X-Trans CMOS 5 HRセンサー&ボディ内5軸手ブレ補正を搭載。富士フイルム「X100VI」を正式発表。4020万画素X-Trans CMOS 5 HRセンサー&ボディ内5軸手ブレ補正を搭載。(54views)
  10. ニコンから「Z 8」「Z 9」のオートフォーカスシステムと低解像度(2400~2800万画素)センサーを搭載した高速連写機が登場する!?ニコンから「Z 8」「Z 9」のオートフォーカスシステムと低解像度(2400~2800万画素)センサーを搭載した高速連写機が登場する!?(52views)

当サイトでは広告による収益を受けています

Fujinon XF16-50mm f/2.8-4.8 with Internal Zoom (Will Not Extend when Zooming) - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/fujinon-xf16-50mm50mm-f-2-8-4-8-with-internal-zoom-will-not-extend-when-zooming/

富士フイルム「XF16-50mmF2.8-4.8 R LM WR」はインナーズームになる!?

Fuji Rumorsに、富士フイルム「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」後継レンズ「XF16-50mmF2.8-4.8 R LM WR」の噂が掲載されています。


  • 富士フイルムが発売する次のXFレンズ「XF16-50mmF2.8-4.8 R LM WR」の画像と主なスペックを共有した。
  • 画像を公開する前、多くの人が、長玉側の絞りが暗い(XF18-55のF4ではなくF4.8)ため、このレンズは前作よりもかなり小さくなるだろうと推測していた。
  • さて、リークされた画像から実際の大きさを判断するのは難しいが、レンズの全長に関してはそれほど大きなサイズ差はないという印象だ。
  • しかし、ここにポイントがある。
  • 「XF16-50mm F2.8-4.8」は内部ズーミングを搭載するため、ズーミング時に全く突出しない。
  • 利点としては、耐候性が向上する可能性があること、ジンバルで作業する場合などにレンズのバランスが良くなること、ズームクリープ(レンズを下に向けるとレンズが伸びる)がなくなることなどが挙げられると思う。
  • さて、通常「内部ズーム」は、より高級なレンズに関連付けられている。
  • なぜなら、それらは技術的に作るのがより複雑であるため、コストも高くなるからだ。
  • しかし、富士フイルムがこの新しい標準キットレンズの将来のユーザーにも、より「プレミアム」 な体験を提供するのは素晴らしいことだ。

とのこと



FUJIFILM X 交換レンズ フジノン ズーム 標準 コンパクト 18-55mm 手ブレ補正 リニアモーター(静音) 絞りリング F XF18-55MMF2.8-4 R LM OIS



リーク画像が登場した「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」の後継レンズ「XF16-50mmF2.8-4.8 R LM WR」ですが、「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」からテレ端は短く暗く、手ブレ補正が無くなったので小型化するかと思ったら意外と小さくなかったのはインナーズームだったからなんですかね。ここらへんはジンバルでの使用を意識してるんですかね、どうなんですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG Privacy Policy SITEMAP RSS Twitter Facebook