• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

タムロン、小型軽量のフルサイズ広角ズーム「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1136753.html

TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD(Model A037)

デジカメ Watchに、タムロンのフルサイズ一眼レフ用レンズ「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」発表のニュースが掲載されています。


  • タムロンは、交換レンズ「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」(Model A037)のニコン用を9月4日に発売。
  • 希望小売価格は税別8万5,000円。キヤノン用も順次発売。
  • フルサイズ対応の広角ズームレンズ。気軽に持ち歩いてもらうことをコンセプトに、手ブレ補正(VC)も省略し、クラス最小最軽量という長さ約90mm・重量460gにまとめた。
  • 「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」(Model A012)とは異なるコンセプトで棲み分け、本レンズはズーム全域開放F4の製品群がライバル。
  • AF駆動に新開発のOSD(Optimized Silent Drive)を採用。
  • 性能のほかコストや信頼性でもメリットのあるDCモーターを使いつつ、減速ギアなどの構造を最適化。
  • AFの静音化と高速・高精度化を実現。
  • ゴーストやフレアを抑えるBBARコーティング、前玉への防汚コートを施した。
  • レンズ鏡筒は簡易防滴仕様。
  • レンズ構成は10群15枚(非球面2枚を含む)。絞り羽根は7枚(円形絞り)。最短撮影距離はズーム全域で0.28m。フィルター径は77mm。最小絞りはF16?22。
  • 最大径83.6mm。長さはキヤノン用が92.5mm、ニコン用は90mm。
  • 重量はキヤノン用、ニコン用ともに460g。花形フードとレンズキャップが付属。
  • 別売アクセサリーの「TAMRON TAP-in Console」に対応。

→TAMRON | 17-35mm F/2.8-4 Di OSD

とのこと



タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036)



先日リークされたタムロンの広角ズーム「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」が、正式発表されましたね。やはり手ブレ補正はなく、そのかわりに軽さと小型さを追求したレンズに仕上がってますね。AFは超音波モーターでもステッピングモーターでもなくDCモーターになってますね。どのくらいスムーズなのか気になる所ですね。手ブレ補正は広角なので必須では無いかもですが、ちょっと欲しい気もしますよね。まあ、小型軽量とトレードオフですし、仕方がないかなあ。あと、マウントアダプターでα7シリーズならボディ内手ブレ補正が使えるのでいいかもですね。タムロンからフルサイズEマウント用のコンパクトな広角ズームが登場するという噂も出てましたが、やはりこのレンズだったのかなあ。あとニコンのフルサイズミラーレスは手ブレ補正内蔵との噂で公式の開発発表でもFマウント用マウントアダプターを用意してるとの事なので、そこら辺の需要も考えたりしてるんですかねえ。なんにせよ各所でのレビューや作例が早く見てみたいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

キヤノン フルサイズミラーレス「EOS R」 キヤノンの次のEOS Rシリーズは2019年中は登場しない!?
キヤノンEOS Rが、DxOMarkのセンサースコアに登場。EOS 5D Mark IVとほぼ同等。ソニーα7 IIIやニコン Z 6より若干下の模様。 キヤノンEOS Rが、DxOMarkのセンサースコアに登場。EOS 5D Mark IVとほぼ同等。ソニーα7 IIIやニコン Z 6より若干下の模様。
canon キヤノン キヤノンがEOS Kiss X9後継機を近日中に発表する模様。
タムロン タムロンがRFマウントとZマウントのレンズ開発を検討している模様。ニコンからはZ7の上位機の登場の可能性が高い模様。
キヤノン インスタントカメラ「ZV-123」 キヤノンからフォトプリンタ内蔵のインスタントカメラ「ZV-123」が登場する模様。
キヤノン EF10mm F2.8 USM キヤノンがフルサイズ用レンズ「EF10mm F2.8」を開発中!?
canon キヤノン キヤノンはEOS Rのボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正を検討中。ユーザーが求めるならEF-Mマウントをこのまま続ける模様。
EOS-1D X Mark III キヤノンEOS-1D X Mark IIIは2019年末から2020年6月の間に登場する!?プロ向けEOS Rシリーズはその後に登場する!?
EOS R キヤノンから次に登場するEOS Rは、7000万画素以上でボディ内手ブレ補正を搭載する!?
RF135mm F1.4L USM キヤノンがEOS R用レンズ「RF135mm F1.4L USM」と「RF135mm F1.8L USM」を開発中!?2020年に登場!?
RF14-21mm F1.4L USM キヤノンから来年「RF14-21mm F1.4L USM」が登場する!?他にもクレイジーなスペックの単焦点レンズが登場!?
YONGNUO YN450 【CP+2019】1600万画素マイクロフォーサーズセンサーを搭載しEFマウントでレンズ交換式のAndroidスマホ型カメラ「YONGNUO YN450」がCP+2019に展示されていた模様。

Canon, Nikon, TAMRON」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+