• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

只今メンテナンス中です。

孫社長が「16眼カメラ」のLightに約100億円を投じたワケ – Engadget 日本版

https://japanese.engadget.com/2018/08/06/16-light-100/


Lightが9つのカメラを搭載したスマホを開発中

Engadget 日本版に、ソフトバンクグループの孫正義社長が「Light」(ライト)に、約100億円を出資した理由の話が掲載されています。


  • ソフトバンクグループの孫正義社長は8月6日、9眼カメラスマホなどを開発する「Light」に、ビジョンファンドを通じて約100億円を出資した理由を明かした。
  • 同社は9眼カメラ搭載スマホの年内に発売する見通し。
  • 「超高画質なコンデジ」や「超高画質なスマホ」を求めてLightに出資したのかといえば、どうやら違うよう。
  • AIによる産業革命を目指す孫社長は、AIがより正確に外界を把握する「眼」としてのLightの技術に着目。
  • スマホだけでなく「自動運転」や「ロボット」「防犯カメラ」といった用途をアピール。
  • 例えばLightを自動運転車に搭載すれば、LiDARの安価な代替として外界を捉えるのに役立つ。
  • 防犯カメラに搭載すれば、高機能なカメラを使ってAIが危険な徴候をいち早く察知できる。

とのこと



A Little Bit of Light from light.



ソフトバンクが16眼カメラのLightへ投資して話題になりましたが、本当の狙いはスマホの高画質化ではなかったようですね。AIと組み合わせた超高精度の画像認識システムって感じのようですね。そちらが本命だとしても、それを生かした超々高画質なスマホが登場するのに期待したいですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+