• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. ソニーがフルサイズEマウント用レンズ「FE 24mm F1.4 GM」を海外で正式発表。ソニーがフルサイズEマウント用レンズ「FE 24mm F1.4 GM」を海外で正式発表。(574views)
  2. パナソニックのフルサイズミラーレスはSLマウントで確定!?SLマウントを搭載したパナソニックG9のようなカメラになる!?パナソニックのフルサイズミラーレスはSLマウントで確定!?SLマウントを搭載したパナソニックG9のようなカメラになる!?(342views)
  3. ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。(228views)
  4. キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。(196views)
  5. 富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?(165views)
  6. シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。(113views)
  7. ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?(90views)
  8. リコー/ペンタックスが「何か」を発表する!?リコー/ペンタックスが「何か」を発表する!?(77views)
  9. 富士フイルム「フルサイズセンサーの能力が高いことはよく分かっている。だけど、それはやらない。我々が作ろうとしているカメラシステムとは方向性が違う。」富士フイルム「フルサイズセンサーの能力が高いことはよく分かっている。だけど、それはやらない。我々が作ろうとしているカメラシステムとは方向性が違う。」(77views)
  10. ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」(75views)

[PY] フォトヨドバシ OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 2.0x テレコンバーター EC-20 インプレッション | photo.yodobashi.com |

http://photo.yodobashi.com/gear/olympus/lens/zuikoteleconec20.html

ZUIKO DIGITAL 2倍 テレコンバーター EC-20 レビュー「レンズの数だけおいしいテレコンバーター」

フォトヨドバシさんにZUIKO DIGITAL 2倍 テレコンバーター EC-20のレビューが掲載されています。


  • 厚さは41mm。マスターレンズの焦点距離を2倍に拡大してくれるテレコンバーター。
  • コンパクトなレンズにまとめられているフォーサーズシステムに、EC-20をプラスするだけで倍率が稼げて大変便利。
  • 対応するのは、すべてのズイコーデジタルレンズ。
  • 画質をとことん追求するのであれば各レンズの専用品が望ましい。
  • しかし、さすが純正品だけあり、絞っての使用を前提ならマスターレンズの描写から大崩れすることはない。
  • 十分にしっかりとした撮像。
  • 装着前後の上がりを拡大して見みれば、その差に気づくが、単独で見ればなかなかのもの。
  • 届きにくかった超望遠のエリアへと切り込んでいくのもよい。
  • 所有しているレンズで新たな画角を楽しむのもよい。
  • 一粒で二度おいしい。いや、レンズの数だけおいしいテレコンバーター。
  • マクロレンズに装着して撮影。適度に解像感もあり、テレコンを使っていると言われなければ気付かないレベル。
  • 装着により開放F値は2段分下がるが、晴天の屋外ならAFの機動性も問題なし。
  • ピントがシビアなため現場ではMFで追い込んでいるが、キリリと被写体を捉えている。
  • テレ端にて撮影。動く被写体を追うのはちょっと厳しいかなという印象。
  • 大きくしたいならトリミングという考えも浮かんでくる。
  • しかし、「こう撮りたい」という意思なり衝動が働いたがゆえに写真として残すという行為に至る。
  • その瞬間の気持ちまでもを1枚に込めるのならば、やはり思い通りの画角で持ち帰ってくるのがベター。
  • 見たいもの、見せたいものをノートリで大きく写せるのは魅力的。

とのこと



OLYMPUS テレコンバーター 2倍 ZUIKO DIGITAL用 EC-20



これだけ写ればテレコンも良いかもですねえ。例えば基本の単焦点、35mm、50mm、75mmと組み合わせれば倍の70mm、100mm、150mmが手に入るというお手軽さ。1つカメラバッグにほうり込んでおけば、もしもの時に役に立ちそう。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「OLYMPUS」カテゴリの最新記事

OLYMPUS」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+