• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(10872views)
  2. キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?(10590views)
  3. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(10537views)
  4. キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?(9314views)
  5. ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?(8402views)
  6. キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。(8160views)
  7. ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。(7329views)
  8. 東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。(7069views)
  9. キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?(6274views)
  10. 2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?(5755views)

ソニー、G Masterの新標準ズーム「FE 24-70mm F2.8 GM II」。29.7万円 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1406261.html

ソニー「FE 24-70mm F2.8 GM II」

デジカメ Watchに、ソニーのFE 24-70mm F2.8 GMの後継レンズ「FE 24-70mm F2.8 GM II」正式発表のニュースが掲載されています。


  • ソニーは「FE 24-70mm F2.8 GM II」(SEL2470GM2)を2022年夏に発売。
  • 価格はオープン。店頭予想価格は税込29万7,000円前後。予約受付開始日は未定。
  • ソニー最先端のレンズ技術をすべて注入して開発した35mmフルサイズ対応の大口径標準ズームレンズ。
  • 2016年に発売された従来モデル「FE 24-70mm F2.8 GM」から光学系を一新。
  • レンズの全長短縮と軽量化も実現。体積で約18%減、重さで約20%減。
  • 併せてアクチュエータやコーティングも最新世代に刷新。
  • フォーカス群は高推力化したXDリニアモーターで駆動し、α1の秒間30コマ連写にも対応。
  • 新たにフローティングフォーカス機構を取り入れたことで、ズームおよびフォーカス全域でレンズの高解像性能を引き出せる。
  • XDリニアモーターとの組み合わせによりズーム中のフォーカス追随性能が従来モデル比で約2倍に向上。
  • 反射防止コーティングは、より大口径かつ曲率の大きな非球面レンズにも均一にコーティングできるという「ナノARコーティングII」を採用。
  • 最前面レンズには、メンテナンス性を高めるフッ素コーティングも施している。
  • 動画撮影用途に向けた配慮としては、フォーカスブリージングやフォーカスシフトの低減、ブリージング補正機能(α7 IVおよびFX6)への対応。
  • 絞りリングの搭載が特徴。
  • 光学式手ブレ補正「アクティブモード」に対応するカメラボディ(α1、α7S III、α7 IV、FX3)では、より安定した手持ち撮影が可能。
  • 鏡筒には絞りリング、絞りリングのクリックオンオフスイッチ、アイリスロックスイッチ、フォーカスホールドボタン(2か所)、フォーカスモードスイッチ、ズーム操作感切り替えスイッチが備わる。
  • ズーム操作感切り替えスイッチはズームリングの重さを設定可能。
  • 不用意に鏡筒が繰り出さない“Tight”、揺れの少ないズーミングが可能になる“Smooth”で切替可能。
  • レンズ構成は15群20枚(XAレンズ2枚、非球面3枚、スーパーED2枚を含む)。最短撮影距離は0.21~0.3m(広角~望遠)。
  • 絞り羽根は11枚(従来は9枚)。最小絞りF22。
  • 最大径×全長は87.8×119.9mm。重量は695g。
  • 付属レンズフードは、回転枠を操作できるフィルター窓を備えた。フィルター径82mm。
  • FE 24-70mm F2.8 GMのサイズと重量は同87.6×136mm。重量は886g。

→SEL2470GM2 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

→世界最小・最軽量※1 大口径標準ズームレンズ Gマスター(TM) 『FE 24-70mm F2.8 GM II』発売 | ニュースリリース | ソニー

とのこと



ソニー SONY ズームレンズ FE 24-70mm F2.8 GM Eマウント35mmフルサイズ対応 SEL2470GM



噂に上がっていた「FE 24-70mm F2.8 GM II」が、正式発表されましたね。噂通りに小型軽量仕上がってますね。これは良さそうです。そして動画に向けた強化がされているようですね。ズーム操作感切り替えスイッチとかいいですね。値は張りますが、それに見合ったレンズのように感じますね。各所での作例アップが楽しみです。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+