• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6673views)
  2. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2407views)
  3. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(2005views)
  4. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1847views)
  5. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  6. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(998views)
  7. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(738views)
  8. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(735views)
  9. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(706views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(656views)

PENTAX新APS-Cフラッグシップ機に新情報 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1267218.html

デジカメ Watchに、リコーイメージングの「これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと」第2部動画配信のまとめが掲載されています。


  • リコーイメージングは「これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと」の第2部映像を配信。
  • 同映像は7月16日にPENTAXのブランドビジョンが打ち出された映像の第2部。
  • 写真家 佐々木啓太氏、商品企画部 若代滋氏で新型APS-Cフラッグシップ機について掘り下げる内容。
  • 新型APS-Cフラッグシップ機とPENTAX KPとファインダーの見え具合を比較
  • 佐々木氏「すごくクリア」「ひろく見える」
  • 若代氏はペンタプリズム素材に加工難易度の高い高屈折率硝材を採用と説明。
  • このプリズムの搭載は2017年から検討を進めてきた。
  • 基礎検討に遡れば、さらに以前から取り組んできていたもの。
  • 新型APS-C機のファインダー倍率は1.05倍。APS-C機の中でも最高クラスの倍率。
  • KP比でみると10%明るさが向上している。
  • いかに自然に見えるかに注意して開発をしていった。
  • ボディサイズや操作系「思った以上にコンパクト」
  • KPよりもマウントから背面モニターまでの厚みは薄くなっている。
  • 小型ボディと操作性の両立のために様々な手の大きさの人からサンプリング。
  • ボタン類の配置なども調整・最適化している。
  • カードスロットはデュアル構成となっていることが、今回はじめて明らかに。
  • 詳しい言及はなかったが、スロットの厚さ・形状からSDカードを採用している模様。
  • 新型機のシャッターボタンは645ZやK-1などで採用していたリーフスイッチを採用。
  • ミラーのバウンドなどの無駄な動作も抑えこんだ機構。
  • 佐々木氏、KPでは「押します」という感覚だった、新型機では「すっとはいってくる」。
  • センサー、画像処理エンジン、アクセラレータユニットはいずれも完全に新規。
  • センサーの画素数自体はAPS-Cという枠の中で、おおよそ想像の範囲に収まるもの。
  • 画像処理エンジンの刷新により数値以上の低感度画質が得られるようになっている。
  • K-1などでリミテッドモデルとしてシルバー塗装が施されたモデルを発売している。
  • 一部のスターレンズからもシルバー塗装を施したモデルを展開していくと発表。
  • 披露されたレンズは3本。HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW、HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW、HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AW。
  • K-1 Mark IIについてもシルバーモデルを展開。台数限定となる見込み。
  • 新型機ではブラックとシルバーの同時展開を予定している。
  • 新型機の具体的な発売時期や価格に関しては、今回触れられることはなかった。
  • 今後は同社Webページなどで新型機に関する情報を順次公開していく。
  • 今回の第2部映像公開とあわせ、新型機に関するWebページがオープン。

とのこと

→新APS-Cフラッグシップモデル最新情報 | RICOH IMAGING



PENTAX デジタル一眼レフ KP ボディ 【シルバー】 KP BODY SILVER 16044



やはり、「PENTAX新APS-Cフラッグシップ機は光学ファインダーにかなりこだわったカメラになりそうですね。ミラーレスと一番大きく差別化できるのは光学ファインダーですからね。ここにはやはり一番力をいれますよね。なお、このフラッグシップ機は9月に正式発表と噂されてますね。しかし、ペンタックスはミラーレスは出さずにこのまま一眼レフこだわったメーカーとして行くんですかね。個人的にはペンタックスQの新機種出して欲しいですけどね。昨年にはインタビューでペンタックスQは今後の方向性を検討中という話もしてたんで期待したいですけどね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「PENTAX」カテゴリの最新記事

PENTAX, RICOH」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+