• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

キヤノン、約2,010万画素のスタンダードモデル「EOS R6」。約33万円 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1263464.html

EOS R6

デジカメ Watchに、キヤノンのフルサイズミラーレス機「EOS R6」発表のニュースが掲載されています。


  • キヤノン7月9日、フルサイズミラーレス「EOS R6」を発表。
  • ボディ単体とRF24-105mm F4-7.1 IS STMとのレンズキットモデルでの展開。
  • 発売8月下旬予定、価格はオープン
  • 同社公式オンラインショップ販売価格はボディ単体税別30万5,000円、レンズキットは税別34万5,000円。
  • 同社カメラ製品の位置づけはフルサイズセンサー搭載機としてミドルレンジクラスの一角を占める機種位置づけ。
  • 同クラスの他機種には、ミラーレスカメラではEOS R、EOS RPが属している。
  • 一眼レフカメラではEOS 5D Mark IV、EOS 6D Mark II。
  • 同社は本機種について「フルサイズミラーレスカメラの新標準」として訴求。
  • 基本性能においてEOS R5と同等のスペックを実現。
  • EOS R5との共通点は、一部操作系の共通化のほか、ボディ内手ブレ補正機構の搭載や連写速度、測距エリア、人物および動物検出に対応するAF、「Image.canon」への対応など。

EOS R5との主な相違点

  • まずセンサー画素数の違いが挙げられる。CMOSで、画素数は約2,010万画素。
  • 同社フラッグシップ一眼レフEOS-1D X Mark IIIと同等の画素数を有するセンサー。
  • まったく同じものではなく、専用にチューニングが施されている。
  • 映像エンジンはDIGIC X(この点はEOS R5と同じ)。
  • 静止画撮影時ISO感度は常用ISO 102400。拡張設定でISO 204800相当に対応。
  • 動画撮影時ISO感度は常用ISO 25600。拡張時は静止画と同じくISO 204800相当。
  • 低照度時の輝度検出ではEV-6.5に対応(F1.2レンズ使用かつ中央の測距点を使用した場合。AFはワンショットでISO 100時)。
  • この点ではEV-6までとするEOS R5よりもまさっている点。
  • 動画撮影では8K記録に対応していない点があげられる。
  • UHD 4Kでの撮影が可能(フレームレートは60pに対応)FHDでは120pでの記録が可能。
  • タイムラプスを除くすべての動画撮影モードでサーボAFが利用できるとしている。
  • 4K UHD収録では5.1Kからのオーバーサンプリングにより、より高い画質での4K記録に対応。
  • メカシャッター動作耐久性能は、約50万回のEOS R5に対して、約30万回。EOS Rは20万回。
  • 干渉部材を介してシャッターユニットをボディに取り付ける構造を採用。
  • EOS R/RPに比してレリーズ時の音・振動も抑制。
  • EVFは0.5型でEOS R5と同等サイズだが、表示ドット数が約369万ドットに抑えられている。
  • 表示ドット数はEOS Rと同等だが、表示フレームレートは2倍に向上。
  • 表示フレームレートは最大119.88fps(なめらかさ優先)省電力時でも59.94fps。
  • 背面モニターもわずかに小型の3.0型、約162万ドット(EOS R5は3.2型・約210万ドット)。
  • 記録メディアはSDカードのみの対応。スロット数は2つ、両スロットともにSD UHS-II対応。
  • 通信面では、Wi-FiはIEEE 802.11n/g/b対応(2.4GHz)対応。5GHz帯には非対応。
  • 外部端子はUSB Type-C、HDMI Type D(マイクロ端子)、3.5mm径ステレオミニジャック(マイクとヘッドホン)、リモコン端子(リモートスイッチ RS-60E3対応)
  • USB Type-C端子はUSB電源アダプター「PD-E1」により充電・給電に対応。

→キヤノン:最高約20コマ⁄秒連写のフルサイズミラーレスカメラ"EOS R6"を発売 AFの進化と世界最高8.0段の手ブレ補正により快適な撮影を実現 | キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

→キヤノン:EOS R6 | 概要

とのこと



EOS R6 紹介動画【キヤノン公式】



「EOS R5」同様に噂に上がっていた「EOS R6」が登場しましたね。やはりスペックはR5を低画素にして動画を4K止まりしたようなスペックでしたね。ネットワーク周りやEVFや背面液晶の解像度など細かい部分でも差が付けられてますね。しかし、ソニーα7IIIやニコンZ 6のライバル機になるかと思ってたんですが、頭1つ抜き出たスペックになってますね。低照度時の輝度検出とかはR5以上の性能になってますしね。価格も30万超えとそれなりに高額で、スペック考えるとわかる気もするんですが、画素数がせめて2400万画素だったらなあと思いました。一眼レフのフラッグシップ機「EOS-1D X Mark III」のセンサーをチューニングしたモノとは言え2000万画素だと個人的にはちょっと心許ない気がしちゃうんですよね。なんにせよEOS R5共々、実機触ってみたいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

EOS R5 キヤノン「EOS R5」の安定供給は、年末から来年になる!?
α5 ソニーが海外認証機関で未発表のレンズ交換式カメラ「WW850128」を登録した模様。「α5」または「α6」の可能性が高い!?
キヤノンは「EOS R6」「EOS R5」オーバーヒート問題の改善を準備している!?「EOS R5」は発売後数時間で完売し、次回の出荷は今年の11月になる予定!? キヤノンは「EOS R6」「EOS R5」オーバーヒート問題の改善を準備している!?「EOS R5」は発売後数時間で完売し、次回の出荷は今年の11月になる予定!?
キヤノンから2020年中にRFマウント用アダプターが3つ登場する!?「PL-RFマウントアダプター」「EFシネマロック-RFマウントアダプター」「フォーカルレデューサーアダプター」が登場!? キヤノンから2020年中にRFマウント用アダプターが3つ登場する!?「PL-RFマウントアダプター」「EFシネマロック-RFマウントアダプター」「フォーカルレデューサーアダプター」が登場!?
キヤノンは今後もEOS Mシリーズを続けていく!?EOS Mシリーズへもボディ内手ブレ補正が搭載される!? キヤノンは今後もEOS Mシリーズを続けていく!?EOS Mシリーズへもボディ内手ブレ補正が搭載される!?
キヤノンが2020年中にRFマウント機をもう1台発表する!?RFマウントのビデオカメラ!? キヤノンが2020年中にRFマウント機をもう1台発表する!?RFマウントのビデオカメラ!?
キヤノンのEOS 5D Mark IV後継機「EOS 5D Mark V」は登場しない!? キヤノンのEOS 5D Mark IV後継機「EOS 5D Mark V」は登場しない!?
EOS Kiss M Mark II キヤノンが2020年第4四半期に「EOS Kiss M Mark II」を発表する!?
canon キヤノン キヤノンがハイエンドAPS-Cミラーレス機を2020年末から2021年初めに発表する!?
キヤノンが未発表デジタルカメラ「DS126843」を海外認証機関に登録した模様。 キヤノンが未発表デジタルカメラ「DS126843」を海外認証機関に登録した模様。
EOS R5 キヤノンの「EOS R5」「EOS R6」が予約殺到で生産が追いつかない模様。エクステンダーのRF1.4xとRF2xも。
キヤノンの「EOS R5」の後に、登場が噂される新製品まとめ【2020年7月】「RF50mm F1.8 IS STM」「RF70-200mm F4L IS USM」やRFマウント用アダプターやEOS Mフラッグシップ機など。 キヤノンの「EOS R5」の後に、登場が噂される新製品まとめ【2020年7月】「RF50mm F1.8 IS STM」「RF70-200mm F4L IS USM」やRFマウント用アダプターやEOS Mフラッグシップ機など。

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+