• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

光学ファインダーによる本格的な撮影を実現 高速連写と高画質を両立したデジタル一眼レフカメラ"EOS 90D"を発売 | キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

https://canon.jp/newsrelease/2019-08/pr-eos-90d.html

キヤノン「EOS 90D」

キヤノンがハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 90D」を2019年9月中旬より発売。


  • 価格:オープン価格
  • 発売日:2019年9月中旬

光学ファインダーでの最高約10コマ/秒の高速連写

  • 視野率約100%の光学ファインダー。
  • 動く被写体に対しても優れた捕捉性能を発揮する「オールクロス45点AF」
  • 最高約10コマ/秒の高速連写

約3250万画素CMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 8による高画質

  • キヤノンのAPS-CサイズCMOSセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラにおいて最高となる有効画素数約3250万画素のCMOSセンサー
  • 映像エンジンDIGIC 8

    動体撮影など幅広いシーンに対応する高速AF
  • 約22万画素の新測光センサーと映像エンジンDIGIC 8により、ファインダー撮影時に被写体の顔を検知して追尾する「EOS iTR AF」が可能
  • 顔検知により人物の合焦率が向上するとともに、動きの速い被写体でも高精度に追従。
  • 各画素が撮像と位相差AFの両方の機能を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載。
  • ライブビュー撮影においても、高速・高精度な合焦が可能。
  • 「瞳AF」が、ライブビュー撮影時、サーボAF/動画サーボAF時においても使用可能。

→キヤノン:EOS 90D | 概要

とのこと

APS-C一眼レフカメラ:キヤノン EOS 90D スペシャルサイト

https://cweb.canon.jp/eos/special/90d/

キヤノン「EOS 90D」


SPEC

  • センサー:APS-Cサイズ CMOSセンサー
  • 有効画素数:約3250万画素
  • 映像エンジン:DIGIC 8
  • ISO感度:ISO100-25600(拡張ISO51200)
  • AF(測距点):オールクロス45点AFセンサー
  • AF動作:ワンショットAF、AIサーボAF、AIフォーカスAF
  • 測光センサー:約22万画素RGB+IR測光センサー
  • 連続撮影速度:ファインダー撮影時:最高約10コマ/秒、ライブビュー撮影時:最高約11コマ/秒
  • ライブビュー撮影:デュアルピクセルCMOS AF(瞳AF対応)
  • 4K動画(UHD):30p、瞳AF、クロップしない/クロップ、タイムプラス
  • ハイフレームレート動画:120p
  • 液晶モニター:ワイド3.0型(3:2)/約104万ドット、バリアングル液晶、タッチパネル
  • 記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ※UHD-II、UHS-Iカード対応
  • Wi-Fi/Bluetooth:〇/〇
  • 大きさ:約140.7(幅)×104.8(高さ)×76.8(奥行)mm
  • 質量:約701g(バッテリー、カードを含む)/約619g(本体のみ)

とのこと



EOS 90D 紹介動画【キヤノン公式】



リーク情報通りにEOS 90Dが登場しましたね。先代のEOS 80Dよりかなり進化してるようですね。背面にジョイステックも付いて、7D Mark IIと比べてもAFの測距点を除けば、ほぼ全てにおいて勝っている感じですかね。連写数は7D Mark IIとD500と同等で10コマ、ライブビューなら11コマとなっていますね。もうちょいいけそうな気もしますが、まあ、90Dの位置づけや税別15万円前後という価格を考えると十分なのかもですね。というか90Dはキヤノン最後のAPS-C一眼レフになるという噂も上がってましたが、7D Mark IIIは登場するんですかねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+