• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

YongnuoがYN450アンドロイドカメラを展示 - マイクロフォーサーズ+EFマウント | cinema5D

https://www.cinema5d.com/jp/yongnuo-yn450-m43-mirrorless-camera-with-android/

cinema5Dに、Android&4GでEFマウントと1600万画素マイクロフォーサーズセンサーを搭載したスマホ型レンズ交換式ミラーレス「YONGNUO YN450」のインタビューが掲載されています。


  • Yongnuoが昨年10月に最初のAndroidベースのミラーレスカメラを発表した。
  • CP+2019で同社の担当者にYN450ミラーレスカメラについてインタビューした。
  • カメラ本体は非常に小型なデザイン、レンズが付いていなければスマホのような印象。
  • 背面には5インチ1080pのタッチディスプレイ搭載。
  • このカメラは、Qualcommの8コアプロセッサを搭載。Android7.1で動作。
  • パナソニック製の1600万画素マイクロフォーサーズイメージセンサーを搭載。
  • RAWでの写真撮影も可能。
  • 32GBの内部メモリとマイクロSD(TF)カードスロットを用意。
  • マイクロSDは32GBに制限される。なおSDXCはサポートされていない。
  • マウントはキヤノンEFを採用。同社のレンズがEFやニコンFマウントであるのが理由。
  • カメラは4K 30fpsでビデオを撮影可能。ビデオ機能に関してはこれ以上の情報はない。
  • AF対応。ディスプレイ上をタップするか、シャッターボタンを半押しで作動。
  • YN450にはSIMカードスロット搭載。4Gネット接続が可能。Wi-Fi接続も可能。
  • ディスプレイの隣には自撮り用の800万画素カメラとGPS内蔵。
  • バッテリーは4,000mAhで取り外し可能。最大4時間の連続使用。
  • 発売は2019年4月中に中国向けに予定。価格は500ドル以下。

YONGNUO YN450


YONGNUO YN450



とのこと







おお、YONGNUO YN450が展示されてたんですね。カメラといっていいのか、スマホといっていのか謎ですが、このYN450はAndroidと4G搭載で1600万画素マイクロフォーサーズセンサーとEFマウントを搭載するというかなり変わったカメラなんですよね。いままでは裏面しか確認できていませんでしたが、表面はこうなってたんですね。やはりマウントアダプターをスマホにくっつけたようなデザインになってますね。まあ、こうなりますよね。しかし、500ドル以下って随分と安いですね。ツァイスもレンズ固定式ではありますが、Android OS搭載の「ZEISS ZX1」を出してますよね。ただ、搭載するレンズは「Distagon 35mm f/2 T*」ですし、512GBのSSD内蔵してますのでかなり高価で簡単に手は出せないような気はしますが、YN450なら手軽に買えそうですね。これ日本でも出して欲しいなあ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

キヤノン フルサイズミラーレス「EOS R」 キヤノンの次のEOS Rシリーズは2019年中は登場しない!?
キヤノンEOS Rが、DxOMarkのセンサースコアに登場。EOS 5D Mark IVとほぼ同等。ソニーα7 IIIやニコン Z 6より若干下の模様。 キヤノンEOS Rが、DxOMarkのセンサースコアに登場。EOS 5D Mark IVとほぼ同等。ソニーα7 IIIやニコン Z 6より若干下の模様。
canon キヤノン キヤノンがEOS Kiss X9後継機を近日中に発表する模様。
タムロン タムロンがRFマウントとZマウントのレンズ開発を検討している模様。ニコンからはZ7の上位機の登場の可能性が高い模様。
キヤノン インスタントカメラ「ZV-123」 キヤノンからフォトプリンタ内蔵のインスタントカメラ「ZV-123」が登場する模様。
キヤノン EF10mm F2.8 USM キヤノンがフルサイズ用レンズ「EF10mm F2.8」を開発中!?
canon キヤノン キヤノンはEOS Rのボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正を検討中。ユーザーが求めるならEF-Mマウントをこのまま続ける模様。
EOS-1D X Mark III キヤノンEOS-1D X Mark IIIは2019年末から2020年6月の間に登場する!?プロ向けEOS Rシリーズはその後に登場する!?
EOS R キヤノンから次に登場するEOS Rは、7000万画素以上でボディ内手ブレ補正を搭載する!?
RF135mm F1.4L USM キヤノンがEOS R用レンズ「RF135mm F1.4L USM」と「RF135mm F1.8L USM」を開発中!?2020年に登場!?
RF14-21mm F1.4L USM キヤノンから来年「RF14-21mm F1.4L USM」が登場する!?他にもクレイジーなスペックの単焦点レンズが登場!?
canon キヤノン 【CP+2019】キヤノンがCP+2019で、5機種のコンセプトモデルを展示している模様。「ソトアソビカメラ」「Multifunctional Camera」「インテリジェントコンパクトカメラ」「Kids Mission Camera」「自由視点映像生成システム」

Canon, Panasonic, その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+