• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. PENTAX新APS-Cフラッグシップ機が海外認証機関を通過した模様。PENTAX新APS-Cフラッグシップ機が海外認証機関を通過した模様。(1493views)
  2. キヤノン「EOS R5」の安定供給は、年末から来年になる!?キヤノン「EOS R5」の安定供給は、年末から来年になる!?(1478views)
  3. ニコンは2021年末までにZマウントレンズを24種類ラインナップする!?またFマウントからは手を引くつもりはない!?ニコンは2021年末までにZマウントレンズを24種類ラインナップする!?またFマウントからは手を引くつもりはない!?(1342views)
  4. ソニーの「α7S III」で搭載された新メニューは、「BIONZ XR」用に設計されている為、旧機種では使用できない模様。ソニーの「α7S III」で搭載された新メニューは、「BIONZ XR」用に設計されている為、旧機種では使用できない模様。(800views)
  5. キヤノンは「EOS R6」「EOS R5」オーバーヒート問題の改善を準備している!?「EOS R5」は発売後数時間で完売し、次回の出荷は今年の11月になる予定!?キヤノンは「EOS R6」「EOS R5」オーバーヒート問題の改善を準備している!?「EOS R5」は発売後数時間で完売し、次回の出荷は今年の11月になる予定!?(544views)
  6. ソニーが海外認証機関で未発表のレンズ交換式カメラ「WW850128」を登録した模様。「α5」または「α6」の可能性が高い!?ソニーが海外認証機関で未発表のレンズ交換式カメラ「WW850128」を登録した模様。「α5」または「α6」の可能性が高い!?(450views)
  7. ソニーが「α5」をもうすぐ発表する!?でも、8月6日に発表されるのはヘッドフォン新製品「WH-1000XM4」!?ソニーが「α5」をもうすぐ発表する!?でも、8月6日に発表されるのはヘッドフォン新製品「WH-1000XM4」!?(308views)
  8. シグマがフルサイズミラーレス専用の「85mm F1.4 DG DN」を8月6日に発表する!?一眼レフ用の「85mm F1.4 DG HSM | Art」の半分の重さとサイズになる!?シグマがフルサイズミラーレス専用の「85mm F1.4 DG DN」を8月6日に発表する!?一眼レフ用の「85mm F1.4 DG HSM | Art」の半分の重さとサイズになる!?(183views)
  9. オリンパスが来週「OM-D E-M10 Mark IV」「ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」を発表する!?そして、シグマがフルサイズミラーレス用の明るい単焦点レンズを発表!?オリンパスが来週「OM-D E-M10 Mark IV」「ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」を発表する!?そして、シグマがフルサイズミラーレス用の明るい単焦点レンズを発表!?(156views)
  10. ニコンのフルサイズミラーレス「Z 8」とD850後継機に6000万画素センサーが搭載される!?ニコンのフルサイズミラーレス「Z 8」とD850後継機に6000万画素センサーが搭載される!?(88views)

キヤノン:世界初、バウンス撮影を自動化する機能を搭載した“スピードライト 470EX-AI”を発売

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2018-02/pr-470exai.html

キヤノン スピードライト 470EX-AI

キヤノンは、ポートレート撮影に適した外部ストロボ“スピードライト 470EX-AI”を2018年4月下旬より発売。


スピードライト 470EX-AI

  • 価格:5万4,800円(税別)
  • 発売日:2018年4月下旬

おもな特長

  • スピードライト 470EX-A”は、最大ガイドナンバー約47の大発光量
  • 焦点距離24-105mmをカバーする外部ストロボの新ラインアップ。
  • 世界で初めてバウンス(反射)撮影を自動化する「AI(Auto Intelligent)バウンス機能」を搭載。
  • ストロボ初心者から、バウンスを駆使した写真表現を手軽に楽しみたいという中上級者までの幅広いニーズに応える。

ポートレート撮影に適した充実の基本性能

  • 最大ガイドナンバー約47の大発光量と、焦点距離24-105mm対応の照射角に加え、発光部の角度を上120°、左右180°まで柔軟に設定できるなど、バウンス撮影に適した充実した基本性能を備えている。
  • ストロボの照射光を拡散させることにより、被写体に発生する影を抑え、より自然な描写を可能にする専用のバウンスアダプター付属。

バウンス撮影を自動化する「AIバウンス機能」を世界初搭載

  • バウンス撮影を自動化する「AIバウンス機能」を世界で初めて搭載。
  • ストロボが適切な発光部の角度を自動設定するストロボ初心者向けのフルオートモード「AI.Bフルオート」
  • カメラの縦横の姿勢変化に応じて、ストロボに記憶させた発光部の角度に自動的に再設定する中上級者向けのセミオートモード「AI.Bセミオート」
  • ユーザーの撮影ニーズに応じて使い分けることが可能。

とのこと



AI.バウンスの動作:フルオート→セミオート



噂で上がった名前から、なんらかのAI的な機能は付くと思いましたが、ここまで自動化されるとは思いませんでしたね。実際にどこまで使える機能なのかはわかりませんが、動画見てるだけでもワクワクしますね。やるなあキヤノン。これは、一度使ってみたいストロボですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

EOS R5 キヤノン「EOS R5」の安定供給は、年末から来年になる!?
α5 ソニーが海外認証機関で未発表のレンズ交換式カメラ「WW850128」を登録した模様。「α5」または「α6」の可能性が高い!?
キヤノンは「EOS R6」「EOS R5」オーバーヒート問題の改善を準備している!?「EOS R5」は発売後数時間で完売し、次回の出荷は今年の11月になる予定!? キヤノンは「EOS R6」「EOS R5」オーバーヒート問題の改善を準備している!?「EOS R5」は発売後数時間で完売し、次回の出荷は今年の11月になる予定!?
キヤノンから2020年中にRFマウント用アダプターが3つ登場する!?「PL-RFマウントアダプター」「EFシネマロック-RFマウントアダプター」「フォーカルレデューサーアダプター」が登場!? キヤノンから2020年中にRFマウント用アダプターが3つ登場する!?「PL-RFマウントアダプター」「EFシネマロック-RFマウントアダプター」「フォーカルレデューサーアダプター」が登場!?
キヤノンは今後もEOS Mシリーズを続けていく!?EOS Mシリーズへもボディ内手ブレ補正が搭載される!? キヤノンは今後もEOS Mシリーズを続けていく!?EOS Mシリーズへもボディ内手ブレ補正が搭載される!?
キヤノンが2020年中にRFマウント機をもう1台発表する!?RFマウントのビデオカメラ!? キヤノンが2020年中にRFマウント機をもう1台発表する!?RFマウントのビデオカメラ!?
キヤノンのEOS 5D Mark IV後継機「EOS 5D Mark V」は登場しない!? キヤノンのEOS 5D Mark IV後継機「EOS 5D Mark V」は登場しない!?
EOS Kiss M Mark II キヤノンが2020年第4四半期に「EOS Kiss M Mark II」を発表する!?
canon キヤノン キヤノンがハイエンドAPS-Cミラーレス機を2020年末から2021年初めに発表する!?
キヤノンが未発表デジタルカメラ「DS126843」を海外認証機関に登録した模様。 キヤノンが未発表デジタルカメラ「DS126843」を海外認証機関に登録した模様。
EOS R5 キヤノンの「EOS R5」「EOS R6」が予約殺到で生産が追いつかない模様。エクステンダーのRF1.4xとRF2xも。
キヤノンの「EOS R5」の後に、登場が噂される新製品まとめ【2020年7月】「RF50mm F1.8 IS STM」「RF70-200mm F4L IS USM」やRFマウント用アダプターやEOS Mフラッグシップ機など。 キヤノンの「EOS R5」の後に、登場が噂される新製品まとめ【2020年7月】「RF50mm F1.8 IS STM」「RF70-200mm F4L IS USM」やRFマウント用アダプターやEOS Mフラッグシップ機など。

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+