• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

中一光学 SPEEDMASTER 135mm F1.4(受注生産)予約販売開始 焦点工房 / マウントアダプター専門店

http://stkb.co.jp/info/?p=6842

SPEEDMASTER 135mm F1.4


  • 135mmの常識を超える明るさをもつ中一光学 SPEEDMASTER 135mm F1.4。
  • 135ミリレンズとして突出した明るさを誇り、EDガラスの採用により、明るさとシャープさを両立。
  • 絞りリングはクリックレスでムービー撮影も意識した仕様。
  • メーカー希望価格 \ 330,000(税別)

スペック

  • 焦点距離:135mm(35mm判換算)
  • フォーカス:MF(マニュアルフォーカス)
  • 絞り:F1.4-F16
  • ンズ構成:5群11枚(超大口径EDレンズ3枚)
  • 絞り羽根:11枚
  • 最短撮影距離:1.6m
  • 全長:160mm
  • 直径:Φ111mm
  • フィルター径:105mm
  • 質量:3000g
  • 最大撮影倍率:0.1m
  • レンズマウント:キヤノンEF/ニコンF/ペンタックスK/ソニーE/ソニーA/富士フイルムG/ライカT

SPEEDMASTER 135mm F1.4



とのこと



Zhongyi SPEEDMASTER 85mm F1.2 大口径 中望遠 レンズ ソニー E マウント カメラ用



SPEEDMASTER 135mm F1.4がついに販売開始されましたね。2015年10月にPhotoPlusで展示され2016年はじめに発売という話でしたが、その後も発売されず、今年初めに発売されるという噂があがり、この年末にやっと発売といった感じですね。製造工程で何か問題でもあったんですかねえ。この唯一無二のスペックでどんな写真が撮られるのか楽しみですね。でも、重さ3kgっていうのはかなりの気合いが必要ですよね。絶対にF1.4を使いたいって人以外は、1/3の重さのシグマの135mm F1.8 DG HSM | Artあたりを使った方が幸せになれるかもですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

タムロン タムロンがRFマウントとZマウントのレンズ開発を検討している模様。ニコンからはZ7の上位機の登場の可能性が高い模様。
キヤノン インスタントカメラ「ZV-123」 キヤノンからフォトプリンタ内蔵のインスタントカメラ「ZV-123」が登場する模様。
キヤノン EF10mm F2.8 USM キヤノンがフルサイズ用レンズ「EF10mm F2.8」を開発中!?
canon キヤノン キヤノンはEOS Rのボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正を検討中。ユーザーが求めるならEF-Mマウントをこのまま続ける模様。
EOS-1D X Mark III キヤノンEOS-1D X Mark IIIは2019年末から2020年6月の間に登場する!?プロ向けEOS Rシリーズはその後に登場する!?
EOS R キヤノンから次に登場するEOS Rは、7000万画素以上でボディ内手ブレ補正を搭載する!?
RF135mm F1.4L USM キヤノンがEOS R用レンズ「RF135mm F1.4L USM」と「RF135mm F1.8L USM」を開発中!?2020年に登場!?
RF14-21mm F1.4L USM キヤノンから来年「RF14-21mm F1.4L USM」が登場する!?他にもクレイジーなスペックの単焦点レンズが登場!?
YONGNUO YN450 【CP+2019】1600万画素マイクロフォーサーズセンサーを搭載しEFマウントでレンズ交換式のAndroidスマホ型カメラ「YONGNUO YN450」がCP+2019に展示されていた模様。
canon キヤノン 【CP+2019】キヤノンがCP+2019で、5機種のコンセプトモデルを展示している模様。「ソトアソビカメラ」「Multifunctional Camera」「インテリジェントコンパクトカメラ」「Kids Mission Camera」「自由視点映像生成システム」
シグマがLマウント用コンバーター「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21」 シグマがLマウント用コンバーター「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21」を開発発表。
EOS-1D X Mark III キヤノンEOS-1D X Mark II後継機が、写真家やエンジニアによるテストを開始!?

Canon, FUJIFILM, Nikon, PENTAX, Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+