• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Canon Continues to Develop Supertelephoto Zoom Canon Rumors

http://www.canonrumors.com/canon-continues-to-develop-supertelephoto-zoom/

キヤノンが新しい超望遠ズームを開発中!?何かユニークな機能が搭載される!?

Canon Rumorsに、キヤノンの新しい超望遠ズームの噂が掲載されています。


  • 2016年には、EF200-600mm F4.5-5.6 ISのような新しい超望遠ズームをキヤノンが導入することを何度か聞いた。
  • これは、シグマとタムロンが支配するレンズセグメントのタイプだ。
  • キヤノンの最も長い手頃なズームは、EF100-400mm F4.5-5.6L IS IIだ。
  • 2017年のスタート以来、このようなレンズに関しては静かであった。
  • 最近、キヤノンからの新しい超望遠ズームの開発進展について聞き始めた。
  • レンズは2017年には登場しないが、2018年前半に登場する可能性は高いと言われている。
  • キヤノンは新しいレンズに競争上のユニークな特徴を与えるという目標を持っているようだ。
  • 超望遠ズームがどのようになるのか誰も確認できていない。
  • しかし、最近の流れで、キヤノンのレンズ部門でいくつかの革新が見られる。

とのこと



SIGMA 超望遠ズームレンズ Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM ニコン用 フルサイズ対応 740559



EF200-600mm F4.5-5.6 IS USMはかなり前に噂に上がっていましたが、キヤノンの超望遠ズームは開発が続いているんですかね。あとユニークな特徴ってどんな機能になるんですかねえ。キヤノンはマクロレンズにLEDを付けるなどしているので、望遠レンズに向けたどんな特殊な機能が搭載されるか楽しみですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

タムロン タムロンがRFマウントとZマウントのレンズ開発を検討している模様。ニコンからはZ7の上位機の登場の可能性が高い模様。
キヤノン インスタントカメラ「ZV-123」 キヤノンからフォトプリンタ内蔵のインスタントカメラ「ZV-123」が登場する模様。
キヤノン EF10mm F2.8 USM キヤノンがフルサイズ用レンズ「EF10mm F2.8」を開発中!?
canon キヤノン キヤノンはEOS Rのボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正を検討中。ユーザーが求めるならEF-Mマウントをこのまま続ける模様。
EOS-1D X Mark III キヤノンEOS-1D X Mark IIIは2019年末から2020年6月の間に登場する!?プロ向けEOS Rシリーズはその後に登場する!?
EOS R キヤノンから次に登場するEOS Rは、7000万画素以上でボディ内手ブレ補正を搭載する!?
RF135mm F1.4L USM キヤノンがEOS R用レンズ「RF135mm F1.4L USM」と「RF135mm F1.8L USM」を開発中!?2020年に登場!?
RF14-21mm F1.4L USM キヤノンから来年「RF14-21mm F1.4L USM」が登場する!?他にもクレイジーなスペックの単焦点レンズが登場!?
YONGNUO YN450 【CP+2019】1600万画素マイクロフォーサーズセンサーを搭載しEFマウントでレンズ交換式のAndroidスマホ型カメラ「YONGNUO YN450」がCP+2019に展示されていた模様。
canon キヤノン 【CP+2019】キヤノンがCP+2019で、5機種のコンセプトモデルを展示している模様。「ソトアソビカメラ」「Multifunctional Camera」「インテリジェントコンパクトカメラ」「Kids Mission Camera」「自由視点映像生成システム」
シグマがLマウント用コンバーター「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21」 シグマがLマウント用コンバーター「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21」を開発発表。
EOS-1D X Mark III キヤノンEOS-1D X Mark II後継機が、写真家やエンジニアによるテストを開始!?

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+