• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。(935views)
  2. ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。(572views)
  3. 富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?(301views)
  4. パナソニックのフルサイズミラーレスには、有機センサーもマルチアスペクトセンサーも搭載されない!?パナソニックのフルサイズミラーレスには、有機センサーもマルチアスペクトセンサーも搭載されない!?(241views)
  5. ソニーがもうすぐ「FE 24mm F1.4 GM」を発表する!?ソニーがもうすぐ「FE 24mm F1.4 GM」を発表する!?(184views)
  6. ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」(173views)
  7. シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。(158views)
  8. ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?(137views)
  9. ソニーが9月18日に新製品発表を行う!?「FE 24mm F1.4 GM」と「FE 135mm F1.8 GM」の可能大!?ソニーが9月18日に新製品発表を行う!?「FE 24mm F1.4 GM」と「FE 135mm F1.8 GM」の可能大!?(130views)
  10. 富士フイルムGFX 50Rのスケッチ画と、GFX 50S、X-T3、X-E3、Hasselblad X1Dのボディ比較。富士フイルムGFX 50Rのスケッチ画と、GFX 50S、X-T3、X-E3、Hasselblad X1Dのボディ比較。(108views)

フルサイズのMマウントデジカメが開発中!? – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150226_690199.html

真のデジタルレンジファインダー「KonostFF」


真のデジタルレンジファインダー「KonostFF」

デジカメ Watchが、KONOSTの「KonostFF」を紹介。

スタートアップ企業のKONOSTが、35mmフルサイズセンサーを搭載したMマウントのデジタルカメラ「KonostFF」を開発中とWebサイトで公表。
2016年初期に発売予定。


  • KonostFFは、フルサイズの2,000万画素CMOSセンサーを搭載したモデル。
  • “M-mount”を採用するレンズ交換式カメラ。
  • 世界初の“True Digital Range Finder”(真のデジタルレンジファインダー)を備えるとする。
  • 公開されている動画によれば、MFで操作し“OVF”で二重像を合致させることでピントを合わせてる。
  • 現時点で詳細な仕組みは明らかになっていない。
  • “Digital Range Finder”を採用することでコストを下げ、“競争力のある価格”で提供するとしている。
  • KonostFFは、2014年3月から台湾で開発を開始。
  • 2014年11月にはプロトタイプのセンサーチューニングが完了。
  • センサーはベルギーのCMOSIS製。
  • 感度はISO100~ISO6400。
  • CMOSISのセンサーはライカMが採用している。
  • 絞り優先AEも可能。
  • 最高シャッター速度は1/4,000秒。
  • 背面には4型のモニター。
  • ボディはアルミ合金製。
  • 記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード。
  • 「Konost Development Kit」を2015年中盤にリリース
  • 1型センサーを搭載したカメラ「Konost Junior」を2015年後期にリリース
  • APS-Cセンサーを搭載したカメラ「Konost AP」を2016年初期にリリース
  • Konostではさらなる資金調達を目指しており、クラウドファンディングの可能性にも取り組むとしている。

真のデジタルレンジファインダー「KonostFF」


真のデジタルレンジファインダー「KonostFF」


真のデジタルレンジファインダー「KonostFF」

とのこと


→Konost





このサイズ感でフルサイズMマウントだったらかなり魅力的ですねえ。デザインもシンプルで嫌いじゃないです。価格はいくらぐらいになるんだろうか…。あとLightroomなどでRAWはサポートされるのかなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+