• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

キヤノン「EOS 5D IV」、3名の写真家が注目する改良点 – 日経トレンディネット

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/082500428/

キヤノン EOS Mark IV レビュー

日経トレンディネットに、キヤノン EOS Mark IV の3名のカメラマンによるファーストインプレッションが掲載されています。


ほぼ想像通りの改良だが、「万能性」が磨き込まれた点を評価(落合カメラマン)

  • 「画像の仕上がりに直接関係しない部分」に目くじらを立てなければ、GPSやWi-Fiは内蔵だし、4K動画からのボディー内切り出しにも対応している。
  • デュアルピクセルRAWという新たな提案も備わるなど、EOS 5D Mark IVが見せる「正しく美しい進化」にネガな要素は皆無。
  • 入れられるものは全部入れてきた本気のアプローチがうれしい。
  • キヤノンの本気度も「s」や「sR」のときより高いと感じる。
  • スタート時の価格が「s」や「sR」の実勢価格を上回りそうなところにどんな判断を下すかが難しい。
  • その点は「EOS 5DsとEOS 5Ds RとEOS 5D Mark IVの間に優劣はなく同列」という作り手のメッセージであると受け取れば納得できる。

ファインダーが気がかりだが、低感度撮影時のノイズ低減に期待(吉村カメラマン)

  • ファインダーをのぞいてちょっと引っかかったのが、フォーカシングスクリーンのチューニング。
  • とても明るく、大きくクリアな視界はうれしいが、ピントの山がとてもつかみづらい。
  • 上位機種のEOS-1D系やAPS-C機のEOS 7D Mark IIでは、明るさを抑えてピント把握のしやすさに重点を置いたフォーカシングスクリーンに交換できる。
  • しかし、5D系ではMark III/5Ds/5Ds Rと今回のMark IVは、フォーカシングスクリーンが交換できない設計なのが残念。
  • 今年発売のEOS-1D X IIやEOS 80Dでは何らかの技術的なブレイクスルーがあったようで、低感度ノイズが激減。
  • Mark IVにも、両機種のようなすっきりとした低感度での描写を期待。
  • 全体に見てとても順当な進化。Mark IIIユーザーは即座に買い替えとはならないかもしれない。
  • しかし、次期メイン機の候補としては、やはりこの1台が本命となりそう。
  • オールマイティーな高性能カメラに仕上がっているというのが、ファーストインプレッションでの印象。

キヤノンの自信というより、むしろ風格すら感じさせる(鹿野カメラマン)

  • Mark IIIユーザーの自分はMark IVに買い替えるのか?
  • 40万円超えの実売価格には躊躇してしまうものの、タッチパネルやフリッカーレス撮影、画質の進化などなど、Mark IVはすべてにおいてスペックアップしている。
  • 結局は買い替えてしまうんだろうなというのが正直な感想。


とのこと



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4



正式発表された「EOS 5D Mark IV」ですが、みなさんの感想を見るに、「Dual Pixel RAW」のような飛び道具っぽい機能も搭載してますが、やはり正常進化でスキのオールマイティなカメラといった感じですねえ。そして、この価格が気になる点のようですね。ほぼ5Ds系に近い価格で、先代より約10万の価格アップですからねえ。でも、その分の進化や機能は持っているように感じるカメラですよね。なんだかんだ買い換える5D Mark IIIユーザーが多そうな感じがするなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+