• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

交換レンズレビュー:SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(A025) – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/lens_review_2/1041828.html

タムロン「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」

デジカメ Watchに、タムロンのSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(A025)のレビューが掲載されています。


  • このクラスの望遠ズームレンズは各メーカーが競って開発を進めてきている。
  • その中でもピカイチの仕上がりと言える。それだけインパクトを残すレンズ。
  • 個人的にはピント精度の高さ、合焦する速度に驚いた。
  • 望遠ズームはいい画が撮れるが、ピントやブレでそれ相応のリスクも伴う。
  • しかし、このレンズは非常に体感的に撮影に集中できる良さがある。
  • この内容で10万円台半ばで購入できるコストパフォーマンスはフォトグラファーにとって朗報。
  • 画質も良かった。単にボケが大きいだけなのではなく、美しい滑らかなボケが演出できる。
  • 写欲がかきたてられるいいレンズだと感じた。

とのこと



TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 ニコン用 フルサイズ対応 A025N



かなり高評価のSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(A025)が、たしかに中々に良い写りのようですね。ボケは若干ぐるぐるボケな感じもしますね。個人的には好きなボケ味です。あとテレコンバーター使った作例もありますが、十分に良く写ってますね。これで純正ナナニッパの約半値で購入できるのは良いですよね。シグマのArtでも出して欲しいなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「TAMRON」カテゴリの最新記事

タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036) TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD レビュー「F2.8でのやわらかな描写、絞った際のキリっとした描写、それぞれにタムロンらしさがある。」
タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036) TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD レビュー「十分な性能に加えて、軽量かつコンパクトで、コストパフォーマンスが高い」
タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036) タムロンのソニーフルサイズEマウント用大三元「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」が予約殺到で生産が追いつかない模様。
70-210mm F/4 Di VC USD (Model A034) タムロンがフルサイズデジタル一眼レフ用「70-210mm F/4 Di VC USD (Model A034)」を発表。
タムロン初のフルサイズEマウント用FEレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」開発発表 タムロン初のフルサイズEマウント用FEレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」開発発表
ソニー α CP+2018に向けたソニー関連の新製品の噂まとめ
タムロンが「28-75mm F/2.8 Di III RXD」 タムロンが「28-75mm F/2.8 Di III RXD」を発表する模様。フルサイズEマウン用FEズームレンズ!?
TAMRON 70-210mm F/4 Di VC USD タムロン「70-210mm F/4 Di VC USD」の画像リーク。その後に、タムロンが公式ティーザー第二弾を投稿。もしかして同じレンズ!?
タムロンが「28-75mm F/2.8 Di III RXD」 タムロンがティーザー投稿で新レンズを予告。
南極写真家の持ち物リスト。EOS 5D Mark IIIやGoPro、DJI Mavic Pro。そして「チェキ」も持って行ってる模様。 南極写真家の持ち物リスト。EOS 5D Mark IIIやGoPro、DJI Mavic Pro。そして「チェキ」も持って行ってる模様。
DP Review ベストギア2017 DP Reviewの読者投票によるベストギア2017。部門別トップはα7R III、D850、X-T20、D7500、GF9、E-M10 IIIなど
CP+2018 CP+2018の会場レイアウト発表。最大規模のブースはソニー。2番目が富士フイルム。続いてキヤノンの模様。

TAMRON」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+