• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 来年の天皇陛下退位・即位式典会場で使用を許されるのはソニーのカメラだけ!?来年の天皇陛下退位・即位式典会場で使用を許されるのはソニーのカメラだけ!?(3036views)
  2. パナソニックLUMIX LX100 MarkIIの製品画像がリークされた模様。パナソニックLUMIX LX100 MarkIIの製品画像がリークされた模様。(2269views)
  3. ニコンのフルサイズミラーレスは高解像度モデルの「ニコン Z7」と高速・低照度モデルの「ニコン Z6」の二機種が登場する!?ニコンのフルサイズミラーレスは高解像度モデルの「ニコン Z7」と高速・低照度モデルの「ニコン Z6」の二機種が登場する!?(2217views)
  4. ニコンのフルサイズミラーレスZ6とZ7のハンズオンレポート!?AFは非常に高速で、操作性も完璧!?α7シリーズに多くの類似点も!?ニコンのフルサイズミラーレスZ6とZ7のハンズオンレポート!?AFは非常に高速で、操作性も完璧!?α7シリーズに多くの類似点も!?(1899views)
  5. ソニーはキヤノンとニコンのフルサイズミラーレスを迎え撃つ準備が整っている!?ソニーはキヤノンとニコンのフルサイズミラーレスを迎え撃つ準備が整っている!?(1704views)
  6. ニコンが9月25日に新たな新製品を発表する!?新型一眼レフ!?ニコンが9月25日に新たな新製品を発表する!?新型一眼レフ!?(1329views)
  7. ニコンのフルサイズミラーレスの背面操作系は一眼レフ機とほぼ同じレイアウト!?ただし、左端の丸ボタンは搭載されない!?ニコンのフルサイズミラーレスの背面操作系は一眼レフ機とほぼ同じレイアウト!?ただし、左端の丸ボタンは搭載されない!?(1305views)
  8. 富士フイルムの「XF16-80mmF4 R OIS WR」と「XF16mmF2.8 R WR」は近日中にX-T3と共に発表される!?富士フイルムの「XF16-80mmF4 R OIS WR」と「XF16mmF2.8 R WR」は近日中にX-T3と共に発表される!?(1113views)
  9. キヤノンのフルサイズミラーレスはフォトキナ後の10月に発表される!?キヤノンのフルサイズミラーレスはフォトキナ後の10月に発表される!?(1080views)
  10. 近日中に登場するミラーレスまとめ【2018年8月】ニコンのフルサイズミラーレス、パナソニックLX100II、キヤノンのフルサイズミラーレス、富士フイルムX-T3&GFX-50R、ソニーα6700&α7S IIIなど。近日中に登場するミラーレスまとめ【2018年8月】ニコンのフルサイズミラーレス、パナソニックLX100II、キヤノンのフルサイズミラーレス、富士フイルムX-T3&GFX-50R、ソニーα6700&α7S IIIなど。(1029views)

パナソニック、8K対応グローバルシャッター搭載CMOSイメージセンサーを開発 – デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1106381.html

パナソニックがグローバルシャッター搭載の有機CMOSセンサーを開発発表

デジカメ Watchに、パナソニックの8K対応グローバルシャッター搭載CMOSイメージセンサー開発のニュースが掲載されています。


  • パナソニックは、8K画質を実現する3,600万画素の高解像度で、60fpsの高速フレームレート読み出し、45万電子の高飽和と感度変調機能を有するグローバルシャッター撮像が可能なCMOSイメージセンサー設計技術を開発したと発表。
  • 光を電気信号に変換する機能を有機薄膜、信号電荷の蓄積と読み出しを行う機能を下層の回路部でそれぞれ完全独立に行う構成。
  • 有機CMOSイメージセンサーの構造的特徴を生かし、配置自由度の大きい回路部に高速なノイズキャンセル技術と高飽和化を実現する技術を搭載することで、通常はトレードオフとなる8K高解像度での60fps読み出し、高飽和特性実現による広ダイナミックレンジ化、グローバルシャッター機能を業界で初めて同時に実現。
  • 画素内-容量結合型ノイズキャンセル技術
  • 画素内-ゲイン切り替え技術「高感度モード」「高飽和モード」
  • 電圧制御感度変調技術。有機薄膜へ加える電圧を制御するだけで、有機薄膜の感度変更に対応。
  • 8K解像度での全画素同時撮像可能な「グローバルシャッター機能」、感度を連続・無段階に変更可能な「電子NDフィルター技術」といった機能を実現。
  • 有機CMOSイメージセンサー技術を、業務放送用カメラ、監視用カメラ、産業検査用カメラ、車載用カメラなど幅広い用途に提案する。

とのこと



ソニー、"グローバルシャッター機能"搭載のCMOSセンサーを開発 – デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1106138.html

ソニーは裏面照射型のグローバルシャッター搭載センサーを開発。

デジカメ Watchに、ソニーのグローバルシャッター機能搭載のCMOSセンサー開発のニュースが掲載されています。


  • ソニーは2月13日、新方式でローリングシャッター歪みを解消したという有効146万画素の裏面照射型CMOSセンサーを開発発表。
  • 各画素にA/D変換器を持たせる「画素並列A/D変換」の採用により、一般的な「カラムA/D変換」で起こるフォーカルプレーン歪みを解消。
  • ソニーではこれを「グローバルシャッター機能」と表現。
  • 全画素同時に露光したアナログ信号を即座にデジタル変換したあと、デジタルメモリーで信号を一時保持する仕組み。
  • 各画素のA/D変換器とデジタルメモリーは、積層型構造で下部チップに配置。
  • 画素並列A/D変換器によるグローバルシャッター機能を実現したCMOSセンサー(100万画素以上の高感度な裏面照射型)は業界初。

とのこと



イメージセンサの技術と実用化戦略



昨年末に、パナソニックが2月にこのセンサー発表するという噂ありましたが、本当に登場しましたね。有機薄膜センサーはかなり前から開発の話は出ていましたが、ついに出てきましたね。以前の話だと富士も協力してるっぽかったですが、今回の発表には名前が出てきてませんね。しかし、3600万画素なので、今すぐにでもスチルカメラなどへの搭載できそうですが、用途が業務放送用、監視用、産業検査用、車載用とコメントしているのが気になりますね。現状では個人に手が出せるような価格にはならないのかもですね。あと、センサーサイズが気になる所ですね。そして、パナと同時にソニーも得意の裏面照射型でグローバルシャッターを出してきましたね。グローバルシャッターはキヤノンも開発済みで、業務用のEOS C700 GS PLに搭載してますからね。これも一般ユーザーには手が出ない価格ですが、今回のように各社がグローバルシャッター搭載センサーを競って開発したら、価格もこなれて一般にも手が届くグローバルシャッター搭載機が登場しそうですよね。でも、そうなったらみんな電子シャッターになって、メカシャッターは絶滅しそうですよね。なんか、嬉しくもあり、寂しくもある、微妙な気分ですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Panasonic」カテゴリの最新記事

Panasonic, Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+