• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ニコン、大幅に小型軽量化した「300mm F4」を海外発表 – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150106_682557.html


デジカメ Watchにニコンが発表した「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」、「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4.5-5.6G ED VR II」の記事が掲載

ニコンは1月6日、Fマウントの交換レンズ2本を海外で発表。
米国では2月に発売。国内発売は未定。


■AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

  • FXフォーマット対応の単焦点超望遠レンズ。
  • 米国での価格は1,999.95ドル。
  • 現行「Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED」に対して全長を30%短縮。
  • 重量を従来の1.3kgから約755gに軽量化。
  • 「Phase Fresnel optical technology」を用いることで小型軽量化を実現。
  • 光学系にはEDレンズを使用。
  • ナノクリスタルコートを採用。
  • 手ブレ補正機構VRも新たに搭載。
  • AF駆動は超音波モーターSWM。
  • 絞りは電磁制御。

■AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4.5-5.6G ED VR II

AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4.5-5.6G ED VR II

  • DXフォーマット対応の望遠ズームレンズ。
  • 米国での価格は349.95ドル。
  • 現行「AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED」のリニューアル品と見られる。
  • 発売済みの標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II」と同様の鏡枠沈胴機構を採用。
  • 収納時の小型化を図った。
  • 手ブレ補正機構も備える。
  • AF駆動は超音波モーター。

とのこと

ニコンは年末のインタビューで「レンズの描写性能や機能は、さらなる進化が期待できますか?」という質問に、「小型化ですね。品質をしっかり確保しながら小型化、軽量化することです。」と答えていましたが、今回発表されたレンズはまさにこの回答どおりの小型軽量なレンズに仕上がっているようですね。ニコンは暫くは小型化、軽量化に注力していくのかもですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+