• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ライカTレヴュー:カメラはただの贅沢品ではなく、ツールであるべき : ギズモード・ジャパン

http://www.gizmodo.jp/2014/07/t_27.html

ライカT

ギズモード・ジャパンにGIZMODO REFRAMEのライカTのレビューが掲載されています。


好きなところ

  • 作りはとてもしっかりしている
  • バッテリをカバーと一体化させたり、ストラップホールなどのデザインは考えられている。
  • 画質も高く、別売りのレンズもとても綺麗。
  • タッチスクリーンは完璧ではないものの、UIなど分かりやすく作られている。


好きではないところ

  • 必要以上に人目を引き、デザインに気を使いすぎて使い心地まで気がまわっていない。
  • 撮影も、フォーカスが遅かったりインターフェイスのせいで時間がかかってしまう。
  • ボディも、アクセサリーも、全てがとても高価。


買うべきか?

  • ノー。
  • 見せびらかすため、ステータスのためじゃない限り、ライカTより優れたカメラはたくさんある。
  • ソニーαシリーズ、オリンパスOM-D、富士フィルムXシリーズなど、ライカに比べればはるかに安く、ほぼ全ての要素で優れたカメラが手に入る。
  • ライカが多くのファンを持つメーカーだけに、とても残念な結果。
  • 今までライカはシンプルでありながらも、とても使いやすいデザインでカメラマン達を魅了してきた。
  • ライカTは、今までの伝統を引き継ぐことはできず。ただの贅沢な飾りでしかなくなってしまった。



とのこと



ライカT(Type701)シルバー

ライカT(Type701)シルバー



うーん、かなりの酷評ですね~。
カッコ良すぎるデザインが逆に人の目を引いてしまうっていうのはわからない気がしないでもないですが…。つか、ライカT云々の前に個人的にライカユーザーの人は少なからず「オレ、ライカ使ってるんだぜ!見てー!」って思ってる気がするんですが…僕がライカ使ったらそうなりますね。確実に(笑
あと、最後にライカと他のメーカー比べてますが今更何を言ってるんだろうか?って気もしますねえ…。それライカTに限った話ではないんじゃないかなあ?
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+