• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

只今メンテナンス中です。

只今メンテナンス中です。

Fujifilm's First Camera with IBIS and BSI Sensor Gets Firmware Update 🙂 … and X-T2S Rumor Recap – Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/fujifilms-first-camera-ibis-bsi-sensor-gets-firmware-update-x-t2s-rumor-recap/


Fuji Rumorsに、富士フイルムX-T2後継機X-T2Sの噂が掲載されています。


  • スチルカメラ事業が全世界で縮小傾向の中、2017年はミラーレスカメラが成長。
  • α9は、プロ・ハイアマチュアのミラーレスカメラに対する見方を変えた事件。
  • フルサイズボディにおけるソニー国内シェアは約29%に(2017年上半期累計)。
  • 11月25日発売のα7R IIIは、すでに想定超える多くの注文を得ている。
  • 同社が掲げる戦略「ミラーレスカメラによるプロ市場の攻略」
  • 石塚氏はさらにレンズラインナップの強化を挙げる。
  • 毎年5本程度のペースで拡充しているが他社の充実ぶりにはかなわない。
  • これまで薄かったプロとのコミュニケーションにも努める。
  • α9の開発にあたり、開発者はプロスポーツカメラマンに半年間同行。
  • プロの撮影スタイルやニーズを反映させる試みをした。
  • ソニーは2014年からプロサポートを展開。まだ2強に比べると規模が小さい。
  • プロサポートの世界展開も進めるなど、とにかくプロ市場との接点を増やす。
  • 機材が進化した現在、プロ機とコンシューマー機の境目が薄くなっている。
  • プロ機の技術がコンシューマー機に降りてくるだけでなく、コンシューマー機で培った技術がプロ機に応用されるのが現状だ。
  • プロ、コンシューマーが一体となった、総合メーカーのトップブランドを確立したい。
  • ソニー製αが世に出てから11年が経つものの、2強に寄せるプロの信頼は高い。
  • カメラといえばソニーといわれるのが、20年前からの願望だった。
  • 最終的なゴールに達するとすれば、あと5年以上はかかるだろう

とのこと



富士フイルム ミラーレス一眼 X-T2グラファイトシルバーエディション X-T2-GS



ボディ内手ブレ補正搭載と噂になっているX-T2S、今回は噂まとめとなっていて、特にスペック面の新しい情報は無いようですね。2018年前半発表っていうのは新しいかもですね。富士フイルムは現在、複数の未発表機が海外の認証機関に登録されていますが、この中の1つがX-T2Sだったりするんですかね。富士フイルムは他にもエントリー機「X-T100」や、X70後継機「X80」、X-A3後継機「X-A5」などが上がっています。年末からCP+までに何が登場するか楽しみですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+