• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

新開発センサーで実現! ソニーのAPS-Cミラーレス最上位「α6300」の3大進化点 – 価格.comマガジン

https://mag.kakaku.com/camera/?id=3816&cid=camera_fb_kakaku

ソニー α6300レビュー

価格.comマガジンにソニー α6300のレビューが掲載されています。


  • α6300は、α6000の特徴「高速オートフォーカス」「高速連写」を継承し、さらにレスポンスを高め、機能を強化したモデル。
  • 銅配線を採用し、読み出しの高速化を実現した新センサー
  • 425点像面位相差AF&高密度AF追従でのオートフォーカス性能の向上
  • 連写時のライブビュー表示を刷新し、タイムラグを抑制
  • Super 35mmで全画素読み出しの4K動画記録に対応
  • α6000は、APS-Cミラーレスとしてすぐれた性能・機能を搭載し、コスパの高さで人気。。
  • α6300は、α6000の基本的な特徴をベースに、新イメージセンサー搭載で大幅に機能が強化。
  • オートフォーカスも連写撮影も他のミラーレス一眼の1歩上をいく性能。
  • 特に動画撮影のレベルが高い。Super 35mmでの全画素読み出しによる4K/24p記録を実現。
  • 一眼レフを含めた中上級者向けのレンズ交換式デジカメの中では、最高レベルのスペック。
  • 約2.4倍のオーバーサンプリングによって、非常に精細感の高い4K映像を記録可能。
  • ソニーは撮像素子を自社開発。最新イメージセンサーを搭載できるという強みを持つ。
  • α6300はその強みを生かして開発されたミラーレス一眼と言っていい。
  • 市場想定価格はボディ単体が13万円(税別)前後。
  • 「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」ズームレンズキットが15万円(税別)前後。
  • 下位モデルα6000の市場想定価格と比べると倍に近い価格設定。
  • 性能を考慮するとこの価格も納得がいく。
  • コンパクトなシステムで、飛行機や鉄道などの動く被写体をスチールでもムービーでも快適に撮影したいなら、α6300を選択肢に入れておいて損はない。

とのこと



David Buschas Sony Alpha A6300/Ilce-6300 Guide to Digital Photography



ついに登場した、α6000後継機「α6300」ですが、かなり動画性能が高いカメラに仕上がってるようですね。最近ではハイエンドクラスの4K対応はあたりまえになりつつありますし、キヤノンが動画向けなEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM&パワーズームアダプター出したりニコンが360度4K撮影可能なアクションカメラ「KeyMission 360」を発表してみたりと、各メーカー動画方向へ力を入れてきてる感がありますよね。個人的には動画機能をなくして、価格を下げる、もしくはスチル性能をもっと高性能化してもらいたいとか思ったりもしますが、そういう訳にもいかないんだろうなあ。しかし、α6300は動画性能を抜きにしてもかなり完成度の高いカメラに仕上がってそうですねえ。欲を言えば、ボディ内手ブレ補正が欲しかったですが、せめて背面液晶がタッチ式だったらよかったのになあ…。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+